お酒のお話

京都のお酒

最近京都のお酒に凝っています。
京都のお酒
「伏見のお酒」と書かずに「京都のお酒」と書いたのは写真の通り、伏見だけでなく、その他の京都市内でも製造されているからです。

そして月桂冠や宝酒造、黄桜といったいわゆる大手ではありません。

画像の「京姫酒造」「佐々木酒造」の他にも昔からよく聞く「神聖」の「山本本家」、「招徳」の「招徳酒造」、「桃の滴」、「富翁」、「キンシ正宗」、「松井酒造」、「羽田酒造」など数えればきりがないですね。※銘柄と会社名がごっちゃになっててすみません。

もちろんこれらを全部飲んだというわけではないですが、大体言えるのは「京都のお酒は割とまったりしてて、甘辛で言えば甘い方、濃淡で言えば淡麗でなく濃醇っぽい」ということでしょうか。
かなり荒っぽい意見ですみません。

これらのことは巷間よく言われる「土地の料理との関係」なのでしょう。

「薄味の関西料理に合うお酒はまったり系、辛くて濃い味の関東の料理に合うお酒はあっさり系」ということですね。

以前、模様替えされる前の「玉乃光」のホームページの説明に、こんな一説がありました。
「日本酒はもともと甘いもの、それを無理に端麗で辛口に仕上げて酒の良さが失われてるのが今の時代」
・・・というようなものでした。

※無理に端麗で辛口に仕上げたものを、糖類添加などでまた無理に甘くするのもどうかと思いますが、それはまた別の話。

確かに純米にこだわる「玉乃光」などは割とどっしりとした味が出てるようです。
というより何というか「かなり常識的な味」と言いましょうか。

この「常識的なお味」というのはなかなか難しいものですが、しっかりといいお酒を造ってて、安心して飲めるという感じです。

もう一つ荒っぽい捉え方をすれば、京都の酒蔵は、量は少なくてもしっかりといいお酒を造ってるということが言えると思います。
(パック酒などは除きますがね)

これが京都の産業全体に言えることですが、「信用」というものにつながってるのでしょうね。

例によってうだうだとくだらぬ話にお付き合いいただき、申し訳ありません。

日々、安くてうまいパック酒を探し求めるワタクシだって、いいお酒を楽しむこともあるということで、お許しいただきたいと思います。

さて次は何を買い求めようか。いい銘柄があればご紹介ください。

日常

2週続けて京都、展覧会へ

お客様の水墨画が入選!ということで、またまた京都へ、今度は「みやこめっせ」へ行って来ました。
お客様の入選作
普段なかなか見れない「月下美人」の大作です。

お着物も奥さんが着付けさせていただきました。さわやかな季節によくマッチしています。

さて、せっかくの外出なので、その後ちょっと足を延ばして府立植物園へ行って来ました。
府立植物園
こちらもいい季節で、遠足の子らのにぎやかな声が聞こえてきました。

奥さんのお目当てのバラ園です。
府立植物園のバラ園
辺りはいい香りが漂っています。

実に40年ぶりの府立植物園でした。

先週の国立博物館のある七条あたり、そして今回の岡崎公園と洛北、北大路あたり、建物や通りにもいまだに昔の名残があって、
懐かしい京都を堪能した一日でした。

日常

「海北友松展」へ行って来ました。

京都国立博物館の海北友松展を見てきました。
海北友松展
開館直後なのに、もう30分待ちです。

さすがに迫力があってよかったですよ。
雲龍の絵を見てまた建仁寺へ行きたくなりました。

大仏前交番
「歴史秘話ヒストリア」でも取り上げてたあの交番。

鴨川のカップル
久しぶりに四条大橋を渡っていると、今どきの風景。

墨だけで表現するあの迫力の絵、山水も龍も圧倒的な迫力で迫ってくるものがありました。

雲龍が建仁寺へ帰ったら、また逢いに行くことにします。
(公開してるかな)

ついでにこれも久しぶりに河原町を歩いた記念の一枚。
河原町通りの歩道

嶋満神社

西舞鶴の八幡さん

よく仕事で通る国道175号線沿いにある、八幡神社へお参りしてきました。
八幡神社1
大きな石碑と鳥居が国道からもよく見え、ずっと気になっていました。

国道からはいきなりの急坂が続きます。
八幡神社2

坂を上りきると削平された広場があって、お祭りなどをされる場所があります。
八幡神社3
結構広い境内ですね。

何かを利用した手水石が面白い。
八幡神社手水石

本殿。
しっかりお守りされてます。
八幡神社本殿

立派な石灯籠には奉納者のお名前も
八幡神社石灯籠1

八幡神社石灯籠2

狛犬も立派で、地元の方に大事にされているようでした。
ただ残念なのは、由緒書きがどこにもなく、これでは地元の若い人にも理解されにくいのではないかと思いました。

それに、「八幡神社」は物の本によれば全国で一番多い神社数を誇るとか。
当然「何々八幡」という表記があるだろうと思ったのですが、それもなく、ちょっと奇異に感じました。
しかし一説には舞鶴市内には八幡さんは三十数社あるとかで、単に「八幡神社」と言うお名前のものが多数あるそうですね。

末社、摂社としてある八幡さんならそうでしょうね。しかしこれだけの規模の八幡さんですからどうなんでしょうか・・・。

ちなみに我が嶋満神社は「八幡嶋満大神」です。

いろんなことを感じながらの参拝でした。
機会があればいろいろ調べてみたいです。

詳しい場所はこちらです。
バス停

日常

御金神社へ行ってきました。

金運の向上にご利益があると言う、その名も「御金神社」(みかねじんじゃ)へ行ってきました。

京都市は中京区、西洞院通り御池上るという街の真ん中にそんなところがあるなんて、恥ずかしながら今まで知りませんでした。

友人に聞いてお参りしてきました。
御金神社1
なるほどビルに囲まれた街の中に、そこはありました。

金の鳥居がいかにも、って感じです。
御金神社2
境内は金運アップを願う善男(?)善女(?)でにぎわっています。

元々は国の発展に欠かせない鉱業や金属加工の人たちの氏神様だったようですが、いつのころからか「金属→金」ということで

このような形になったとか。

ワタクシもいいことがありますようにと、500円のお守りを買ってまいりました。
御金神社のお守り
さて、ここでいいご報告ができますか…。

いや、黙ってるかも・・・。

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。