日常

水越けいこ 、再び

覚えておられるでしょうか、1970年代、TBSの朝8時台の番組「8時の空」。

TBS系列各局の朝の空模様を日本列島、北から南へ映しながら、スタジオでは田中星児と水越けいこがギターを抱えていろんな
歌をライブで歌う10分ほどの短い「つなぎのような」番組。

でも楽しい時間だったなあ。

ここからはあの「ビューティフルサンデー」や「お弁当箱の唄」などのヒット曲が出ましたね。

社会人なり立ての私は、当時の職場への出勤前、その「けいこちゃん」の笑顔に勇気づけられ、ファンになり、

職場でも「これっくらいの、おべんと箱に、おにぎりおにぎりちょいとつめて・・・」なんて、マネしてたものでした。

LPレコードも買いました。
水越けいこ1

水越けいこ2

帰郷して家業を継ぎ、結婚、忙しく過ごすうちに長い間忘れていた彼女を、ふとしたことからYouTubeで見つけたときは感動モノでした。

やはり私と同じように彼女のファンがいて、動画をアップしてくれてたようですね。うれしかったですよ。昔の彼女に会ったよう?

そんな怖いこと、よう言いまへん。

冗談はさておき、今でもけいこちゃんが活躍してることがうれしかったです。

水越けいこTV
「ほほにキスして♪」とテレビで歌ってた頃。

私生活では離婚や子供さんのこと、いろんなことがあったようですが、頑張っているのがホント、うれしかった。

彼女の何がいいかって?

歌唱力と表現力。どんなジャンルもしっかりと自分のモノにして聞かせてくれるところ。

「シングルガール」「めぐり逢いすれ違い」のような大人の女の歌、「幸せをありがとう」「ほほにキスして」のような純な歌、「星の
子守歌」「地図」のような少年少女のころを思い出すようなメルヘンチックな歌、「Too far away」「歌って死ねるなら」のように歌
唱力を要求される歌、どの歌も彼女の世界へしっかり引き込んでくれます。

そして私が一番好きな歌は「東京が好き」です。

いずれもYuoTubeに上がってますが、いろいろ問題があるといけないので、リンクは貼りません。

どうぞ検索して聴いてみてください。

寝る前のひと時、彼女の歌を聞きながら、少し甘口の日本酒を冷やで頂く、これはいい「癒し」になりますよ。

(画像はヤフー画像検索からお借りしました。どなたか知りませんがありがとうございました。)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。