日常

高野川

西舞鶴の市街地を流れる高野川、古くは田辺藩時代の城下町の総堀の役目を担い、近世は舟運の要港として栄え、今は往時の面影を残す観光スポット。

近々その堤防の大改修で景色が大きく変わりそうだというので、少しブラブラしてきました。

高野川河口1
まずは河口の様子。
昔はここから定期船(ポンポン船)が出ていて、通勤通学の足でした。
高野川河口2
高野川の裏手を並行して流れ、河口で合流する伊佐津川の支流?付近。

この川の源はどこだろう?
町中に堀や運河の跡が残り、今は暗渠になっているので、その道の人に聞かないとわかりません。
タモリさん、おせーて!

河口付近には立派なおうちや蔵も建ってます。
1804-2.jpg

繁栄の跡
繁栄の跡

さて本題。
R175から上流を見る
国道175号線の橋から高野川上流を見ます。
西舞鶴の人たちは、こちらは「新橋」で、後で紹介する狭い橋(失礼!)を「大橋」と呼んでいます。
その「新橋」
新橋

高野川界隈
右岸より下流を見ています。

高野川界隈2
「大橋」より上流を見ています。護岸は石積みですね。

静かな街並み
静かな街並みですが、空き地も目立ちます。

古い酒屋さん
古い酒屋さん

大橋
「大橋」と説明版。橋の向こうは先日登った「愛宕山」
東舞鶴の人間からはこれが「大橋」というには少し違和感がありますが。
説明版
なるほど、西舞鶴の人たちにとってはこの橋は「特別な存在」だったということがわかります。

大橋を挟んだ田辺城籠城戦での戦いは、安倍龍太郎の小説「関ヶ原連判状」にも詳しく出てきますね。

ともあれこの町なかを流れる川の堤防大改修となれば完成の暁には相当景色も変わっているのでしょう。

地元の方々にとっては大問題でしょうが、無事終わって浸水被害が無くなることを祈っています。

最後は「大橋」近くの和菓子屋さん「みやした」さんで買った「水まんじゅう」。
水まんじゅう
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。