日常

若狭小浜へ その2

前回は電車で一人盛り上がってしまい、小浜へ着く前に終わってしまいましたが、さて街歩き編。
気分はもうタモリですな。

駅から真っすぐ市役所へ向かう新しい道は避けて、わざとその横を斜めに走る旧商店街へ。
裏道には面白い看板があります。
桑港
なんて読むのか、もちろんわかりますよね。

こんなのも。
ゴリラ
胸をたたいて歓迎してくれそう。

「ちりとてちん」資料館
ちりとてちん
すごいですね、10年も前の「朝ドラ」を、まだまちづくりのネタにしなきゃならない寂しさ。

八百比丘尼入定の洞窟のある空印寺や、放生祭りの八幡神社は軽くお参りだけしてスルー。
空印寺と八幡宮

町並みを生かした新しい道と「まちの駅 旭座」
まちの駅、旭座
この一角だけが異常に近代的、ここまでする必要、あるのかな。

裏通りにはたくさん魅力的な建物が残ってます。
古い建築
写真右下のおうちでは、表から眺めてたらご主人が招き入れてくださり、土間にある井戸からは海の際なのにいい水が出ることや、前の持ち主から買い取った経緯などを話していただきました。
古い店舗
昔は海運、貿易で栄えたんでしょうね。

鯖街道資料館と商店街
鯖街道の起点、商店街と資料館。
まだ今でも鯖を焼きながら売ってるんや!

焼鯖寿司
焼き鯖ずしの工場直営販売所には大型バスが横付け。

食の文化館
昔子供たちと行った「食文化館」前の足湯。

まだまだ紹介し足りませんが、今日はこの辺で。
最後に約30年ぶりに買い物に行った、越前和紙のお店でおみやげ購入。「越前和紙の店、おおえ」さんはこちら→
「越前和紙の店おおえ」さん
今回は電車に乗るのが目的だったので、限られた時間、駆け足でしたが、いずれもっとゆっくりと小浜を堪能したいと思います。
その時までさらば、小浜。
スポンサーサイト
コメント

No title

電車旅。よろしいですね。
ゆっくり出来ますよね。

仰る通り、私も小浜はバイクや車ばかりで、電車では行ったことは無かったです。
小浜線は、まだ急行が走っていたころ、慰安旅行に行くのによく使いました。
海辺ばかりと思っていたら、ほとんど山の中を走るのでびっくりしましたが、小浜までは本当にきれいなとこ走りますね。

機会があれば一度乗ってみたいと思ってます。
まだ、カレーまんの店ありますでしょうか。
宮津は女主人無くなったようですね。

Re: No title

ひからびさん、お久しぶりです。
カレー焼き、アカオですね。
まだやってるようですよ。

でもね、小浜の街は商店街が東舞鶴と一緒で、お休みが火曜日なんですよ。
で、まだ一度もお目にかかったことがありません。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。