FC2ブログ

日常

早朝の八坂通り

遅まきながら、あけましておめでとうございます。(ギリギリ松のうち!)

さて昨日は新成人が弓を引く、京都三十三間堂の「通し矢」、ウチの奥さんも、『先輩のお母さん』として今年も息子の出身大学の後輩たちに、着物を着つけに京都まで行ってまいりました。

私は運転手さんとして、待ってる間、ちょっと近辺を散策に。

永く京都に住んでいたのになかなか行くことのできなかった(若いころはそんな趣味がなかった)八坂通りを歩いてきました。
八坂通り1
料亭、お茶屋さんもまだ眠っています。
よく冷え込みました。歩道は凍てついています。
凍てついてます。

あの風神雷神で有名な建仁寺の裏手です。
建仁寺の裏手

建仁寺の裏手のお庭
お庭もいいですね。寒さとともに凛とした風情が漂っています。

廃校になった小学校
廃校になった小学校。「天才アートミュージアム」という看板がかかっていました。

六波羅蜜寺辺りで
六波羅蜜寺あたりにて。

六道珍皇寺
冥界への入り口、六道珍皇寺もまだ眠ってました。

笑い路地
面白いところもあるもんです。
ハッピー六原
もひとつ、面白い看板。

八坂の塔
振り返ると八坂の塔。

さて、早朝の八坂通り、まだまだ続く・・・。

スポンサーサイト
コメント

No title

きものやさん、今年もよろしくお願いいたします。

毎年、ご苦労様です。
朝早くから出かけられたと思います。
当日は、京都市南部でも積雪した寒い日でした。
雪に慣れてらっしゃるきものやさんですが、逆だとちょっと考えてしまいます。

友人が亡くなってから縁遠くなってしまいましたが、今年はゆっくり舞鶴にお邪魔したいと考えてます。

Re: No title

ひからびさん、こちらこそよろしくお願いいたします。

雪の朝の凛とした風景はいいものですが、晴れ着の新成人にはチョット気の毒ですね。

暖かくなったらまた舞鶴へおいでください。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酒呑みオヤジ

Author:酒呑みオヤジ
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護2のじじ、同5のばばの面々でやってます。