日常

銭湯はいいですなあ。

現在舞鶴市には2軒しか銭湯は営業しておられません。

いずれも西舞鶴の「若の湯」さん、
日の出湯」さんです。

最近お仕事で西舞鶴の方とお話することが多く、その中でノスタルジックな銭湯のお話も出たりします。

「こないだ行ってきた」などというお話を聞くと、元来温泉好きなワタクシ、温泉とは違うけど「大きなお風呂」に入り、レトロな気分に浸りたいと、二軒とも、つい最近行ってまいりました。

「行ってまいりました」とは言ってもこちら東舞鶴、西舞鶴までは10キロの道のり、車で行かねばならず、温泉やスーパー銭湯へ行く感覚と同じですな。

さて「若の湯」さん。
若の湯さん1
しゃれた洋館建てです。

「記念に内部の写真を」と許可を求めると、番台にいたのはパートさんのようで、電話でおかみさんを呼び出される「騒ぎ」に。
もちろん「人は写さない」ということで許可をいただきましたが。
若の湯さん2
タイル画は「天橋立に富士」、女湯は「赤富士」だそうです。

さてこの建物、ちょっと気を付けてみると横長の敷地に建っています。
そして当然内部の構造は他の銭湯とちょっと違って、男湯、女湯の位置が番台から見て奥ではなく横になっています。

土地や建物の構造上、そうせざるを得なかったんでしょうが、浴室が左右に離れているので、素人目には配管など複雑になるし、お掃除も大変だろうなと思ってしまいました。

さて内部。
懐かしい秤
若の湯さん3
脱衣箱の上には常連さんの洗面器
若の湯さん4
「眞名井の清水」を沸かしているというお湯はさわやかで、ほっこりとしたいい気分になれました。

そしてまだまだ近所の人たちの憩いの場、触れ合いの場として、いい役割を果たしてるんだなと思いました。

みんなでこの文化は守らねばなりませんね。

銭湯のオハナシ、「日の出湯」さんの回へ続く。


スポンサーサイト
コメント

No title

あらら!

内容から、東の二条通りの銭湯も無くなったようですね。
大きな風呂が好きな私は、良く銭湯に通うのですが、舞鶴では会社や寮の風呂が銭湯より大きいので、銭湯に行くことが無かったので残念です。

就職時の40年以上前に舞鶴で暮らし始めた時には、三宅の中にも銭湯があったのですが、数年で亡くなり会社が休みの時には、三宅の住宅に暮らす人が、寮の風呂に入りに来てました。

会社の大きな湯船でぬくもると、寒い舞鶴の冬でも、帰るまで冷えませんでしたね。
きものやさん!銭湯に行かれるのわかります。
懐かしい思い出です。

Re: No title

ひからびさん、ですよね。

最近はレトロなムードが人気で、いろんなブログで発信がされています。

今回の訪問もそんな記事や情報を参考にしました。

スーパー銭湯もいいけど、昔ながらのお風呂屋さんもいいです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。