お酒のお話

京都のお酒

最近京都のお酒に凝っています。
京都のお酒
「伏見のお酒」と書かずに「京都のお酒」と書いたのは写真の通り、伏見だけでなく、その他の京都市内でも製造されているからです。

そして月桂冠や宝酒造、黄桜といったいわゆる大手ではありません。

画像の「京姫酒造」「佐々木酒造」の他にも昔からよく聞く「神聖」の「山本本家」、「招徳」の「招徳酒造」、「桃の滴」、「富翁」、「キンシ正宗」、「松井酒造」、「羽田酒造」など数えればきりがないですね。※銘柄と会社名がごっちゃになっててすみません。

もちろんこれらを全部飲んだというわけではないですが、大体言えるのは「京都のお酒は割とまったりしてて、甘辛で言えば甘い方、濃淡で言えば淡麗でなく濃醇っぽい」ということでしょうか。
かなり荒っぽい意見ですみません。

これらのことは巷間よく言われる「土地の料理との関係」なのでしょう。

「薄味の関西料理に合うお酒はまったり系、辛くて濃い味の関東の料理に合うお酒はあっさり系」ということですね。

以前、模様替えされる前の「玉乃光」のホームページの説明に、こんな一説がありました。
「日本酒はもともと甘いもの、それを無理に端麗で辛口に仕上げて酒の良さが失われてるのが今の時代」
・・・というようなものでした。

※無理に端麗で辛口に仕上げたものを、糖類添加などでまた無理に甘くするのもどうかと思いますが、それはまた別の話。

確かに純米にこだわる「玉乃光」などは割とどっしりとした味が出てるようです。
というより何というか「かなり常識的な味」と言いましょうか。

この「常識的なお味」というのはなかなか難しいものですが、しっかりといいお酒を造ってて、安心して飲めるという感じです。

もう一つ荒っぽい捉え方をすれば、京都の酒蔵は、量は少なくてもしっかりといいお酒を造ってるということが言えると思います。
(パック酒などは除きますがね)

これが京都の産業全体に言えることですが、「信用」というものにつながってるのでしょうね。

例によってうだうだとくだらぬ話にお付き合いいただき、申し訳ありません。

日々、安くてうまいパック酒を探し求めるワタクシだって、いいお酒を楽しむこともあるということで、お許しいただきたいと思います。

さて次は何を買い求めようか。いい銘柄があればご紹介ください。
スポンサーサイト
コメント

No title

何時も、お酒の話。楽しく読ませてもらってます。

伏見で育った私は、小学生のころから、酒蔵でまだ酒が滴るような酒粕を貰って食べてた日本酒好きです。

その中で美味しいと思ったのが、笹泉の生酒です。
予約販売で、本当の生なので賞味期限が2週間。
地元でなければ手に入りませんので、お隣の南区に落ち着いてから、近年は手に入れていません。

それよりおいしいと感じたのが、大手酒造蔵のろ過タンクから直接汲んでくるちょっと問題の酒。
まだ、加熱処理していないので炭酸気が残りスパーリングのようですが、すっきり感は全然違いました。
所謂「たれ口」です。
地元でしか味わえない楽しみでした。

舞鶴にお世話になり、そういったお酒が飲めないと諦めてましたが、行商で大阪から売りに来る「マッコリ」が良く似た味わいで、何度か買って気を紛らわせてました。
今も売りに来ているのでしょうか?

両方、謂わば「闇酒」なのであまり良い事ではないのですが、本当の出来立て生には他は勝てません。
ただ、大量に飲むと腹をこわすほど雑菌が残ってますので1回に2合までしか飲めません。

伏見では、蔵元がレストランを併設して、蔵からすぐの酒を出してます。
ちょっと遠いですがいかがですか。
「ハクレイ」さんでもタイミングが良いといただけます。

因みに、親に似たのか、飲みに行くとわが倅は日本酒
を注文します。
親はこの頃ずーと焼酎で我慢しているのに。

Re: No title

ひからびさん
ちょっとイイ「裏話」ですね。
いつかそのような機会に巡り合いたい!

ちなみに我が息子はほとんど飲まないので、帰省時には息子をダシにしてオヤジとオカンが飲んでます。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。