嶋満神社

西舞鶴の八幡さん

よく仕事で通る国道175号線沿いにある、八幡神社へお参りしてきました。
八幡神社1
大きな石碑と鳥居が国道からもよく見え、ずっと気になっていました。

国道からはいきなりの急坂が続きます。
八幡神社2

坂を上りきると削平された広場があって、お祭りなどをされる場所があります。
八幡神社3
結構広い境内ですね。

何かを利用した手水石が面白い。
八幡神社手水石

本殿。
しっかりお守りされてます。
八幡神社本殿

立派な石灯籠には奉納者のお名前も
八幡神社石灯籠1

八幡神社石灯籠2

狛犬も立派で、地元の方に大事にされているようでした。
ただ残念なのは、由緒書きがどこにもなく、これでは地元の若い人にも理解されにくいのではないかと思いました。

それに、「八幡神社」は物の本によれば全国で一番多い神社数を誇るとか。
当然「何々八幡」という表記があるだろうと思ったのですが、それもなく、ちょっと奇異に感じました。
しかし一説には舞鶴市内には八幡さんは三十数社あるとかで、単に「八幡神社」と言うお名前のものが多数あるそうですね。

末社、摂社としてある八幡さんならそうでしょうね。しかしこれだけの規模の八幡さんですからどうなんでしょうか・・・。

ちなみに我が嶋満神社は「八幡嶋満大神」です。

いろんなことを感じながらの参拝でした。
機会があればいろいろ調べてみたいです。

詳しい場所はこちらです。
バス停

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。