FC2ブログ

まだまだ続く「ウィスキーの夏」2

  • 2019/09/16(月) 10:35:28

まだまだウィスキーを飲むぞ。
ティーチャーズ
今日は、「ちゃんとしたスコッチ」ティーチャーズです。

「ウィスキーの消費大国アメリカでシェアNo1 のスタンダードスコッチ」
「モルト含有率も高く、スタンダードランクでの特級酒」
と、熱帯雨林の説明書きにある。

首からかけた「スモーキーをハイボールで楽しむ」というキャッチコピーと、熱帯雨林よりも破格のお値段にひかれて購入。
〇ャパンで税込み926円!

旨い、確かにワタクシ好みのスモーキーさたっぷり!
さすがに地ウィスキーとは違う、洗練された味。

この価格帯のスコッチは「いかにも普及品」という感じで薄っぺらいのが多いが、これは違うぞ。

値段なりに余韻というのはあまりないが、それでも口に含んだ時の味、香りは十分にスコッチの風格を感じさせる。
ハイボールも確かにいい。
炭酸の刺激をスモーキーな、まったりした味が和らげて、よく調和している。

増税前に追加もアリやな。

スポンサーサイト



まだまだ続くウィスキーの夏

  • 2019/09/16(月) 09:19:25

まずは明石で作っているという地ウィスキー「あかし」
あかし
清酒「神鷹」を」造ってる江井ヶ島酒造というメーカーですね。

これは「ホワイトオーク」というブレンデッドウィスキー。
もひとつお安い「レッド」というのもある。

ナニナニ、「スコッチタイプのブレンディッドウイスキーです。モルトの香り華やかに、淡麗でやや辛口な気軽に飲んでいただける明石の地ウイスキーです。ロックでお愉しみください。ハイボールでもどうぞ。」
とあるぞ。

さてお味。
うん、クセがなくて旨い。
軽く呑めるが、薄いというわけではない。
少しビタミンのような味がするのが気になる。何かリキュールでも混ぜてるのかな。

でもそれなりに香りもあるし、500ccで実売価格1,000円程度の気軽なウィスキーだな。

と言って「凛」のようにもの足りなくもない。いいんじゃない?

同じ地ウィスキーの「鳥取五三二」と比べてみる。
香り、味、余韻・・・。

値段で言うのじゃないが、300円ほどお高い「鳥取」に軍配。

酒飲み同士のウィスキー談義には使えますな。