FC2ブログ

お酒のお話

山庄さんの「丹後美人」

丹後美人1
「普通酒は偉大なり!」
またまた叫んでしまいました。

京丹後市の酒店、山庄さんのオリジナル普通酒「丹後美人」です。製造は木下酒造さん
丹後美人2
値段は税込みでナント1,490円!
一度試すのもいいか、くらいの気持ちで買ってみたところ…

冷やで(というより今は常温ですな)一口・・・。
やや琥珀がかった液体に注目、木下酒造さんおすすめの「熟成」が、このお安い普通酒でもベースになってるのか・・・。

おお、これはイケる!
本醸造以上の酒質を思わせる香りとお味。
実にワタクシ好みの「芳醇旨口」のやさしいお味ではありませぬか。

このお値段でここまでの味を出せるとは、京丹後を見くびってはいけませんな。いや失礼。

続いて燗で・・・。
うむ、熟成感が迫力を増して迫ってくる。
実にいい感じ。

熟成酒は高級酒だけのものではないですな。
日本酒は奥が深い、まだまだ知らないことだらけやなあ。

パック酒と大して変わらないお値段でこんないいお酒があるのなら、
我らビンボー人にとって、これから楽しみがまた増えたっていうもんじゃわい。
スポンサーサイト

日常

才の神の藤

舞鶴のすぐお隣、福知山市大江町有路にある「才の神の藤」を見てきました。
才の神の藤01
甘い香りが漂い、いい雰囲気でしたよ。
才の神の藤02
サイトにもあるように、ここは地元の人々が毎年毎年お世話をしておられます。
なかなかできませんよ。
で、清掃協力金300円を自主的に郵便受けを改造した集金箱の中へ納めてきました。
才の神の藤03
「大町藤公園」と比べるといささかマイナーで迫力に欠けますが、地元の人の愛情が感じられてこれはこれでいい感じで楽しめました。

酒呑みオヤジ

Author:酒呑みオヤジ
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護2のじじ、同5のばばの面々でやってます。