FC2ブログ

日常

続、早朝の八坂通り

さて今度は東山通を渡って八坂の塔の方へ。
かなり登ってます。
かなり登ってます。
日本最初の宝塔
聖徳太子が建立された、「日本最初の宝塔」だと由緒書きの札がかかっています。
ヤマト運輸看板
写真を整理していて偶然発見した「ヤマト運輸」さんの看板。さすが京都らしいですね。
リアルタイムに発見できなかったのも迂闊でしたが。

八坂の塔から南へ。
八坂の塔から南へ
この辺りはさすがに「東山山地のへり」だけあって、段差がすごい!
段差

段差2
住民はこの段差と昔から折り合いをつけて、暮らしてきたんですね。
東山五条交差点の段差
東山五条、横断歩道にもこの段差!
もう心は完全に「ブラタモリ」状態です。

以前から一度、寒い冬に訪れたいと思っていましたが、思いがけず実現した「小さな旅」でした。

京都はさすがに奥が深い、まだまだ行きたいところもありますが、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

日常

早朝の八坂通り

遅まきながら、あけましておめでとうございます。(ギリギリ松のうち!)

さて昨日は新成人が弓を引く、京都三十三間堂の「通し矢」、ウチの奥さんも、『先輩のお母さん』として今年も息子の出身大学の後輩たちに、着物を着つけに京都まで行ってまいりました。

私は運転手さんとして、待ってる間、ちょっと近辺を散策に。

永く京都に住んでいたのになかなか行くことのできなかった(若いころはそんな趣味がなかった)八坂通りを歩いてきました。
八坂通り1
料亭、お茶屋さんもまだ眠っています。
よく冷え込みました。歩道は凍てついています。
凍てついてます。

あの風神雷神で有名な建仁寺の裏手です。
建仁寺の裏手

建仁寺の裏手のお庭
お庭もいいですね。寒さとともに凛とした風情が漂っています。

廃校になった小学校
廃校になった小学校。「天才アートミュージアム」という看板がかかっていました。

六波羅蜜寺辺りで
六波羅蜜寺あたりにて。

六道珍皇寺
冥界への入り口、六道珍皇寺もまだ眠ってました。

笑い路地
面白いところもあるもんです。
ハッピー六原
もひとつ、面白い看板。

八坂の塔
振り返ると八坂の塔。

さて、早朝の八坂通り、まだまだ続く・・・。

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。