日常

2週続けて京都、展覧会へ

お客様の水墨画が入選!ということで、またまた京都へ、今度は「みやこめっせ」へ行って来ました。
お客様の入選作
普段なかなか見れない「月下美人」の大作です。

お着物も奥さんが着付けさせていただきました。さわやかな季節によくマッチしています。

さて、せっかくの外出なので、その後ちょっと足を延ばして府立植物園へ行って来ました。
府立植物園
こちらもいい季節で、遠足の子らのにぎやかな声が聞こえてきました。

奥さんのお目当てのバラ園です。
府立植物園のバラ園
辺りはいい香りが漂っています。

実に40年ぶりの府立植物園でした。

先週の国立博物館のある七条あたり、そして今回の岡崎公園と洛北、北大路あたり、建物や通りにもいまだに昔の名残があって、
懐かしい京都を堪能した一日でした。
スポンサーサイト

日常

「海北友松展」へ行って来ました。

京都国立博物館の海北友松展を見てきました。
海北友松展
開館直後なのに、もう30分待ちです。

さすがに迫力があってよかったですよ。
雲龍の絵を見てまた建仁寺へ行きたくなりました。

大仏前交番
「歴史秘話ヒストリア」でも取り上げてたあの交番。

鴨川のカップル
久しぶりに四条大橋を渡っていると、今どきの風景。

墨だけで表現するあの迫力の絵、山水も龍も圧倒的な迫力で迫ってくるものがありました。

雲龍が建仁寺へ帰ったら、また逢いに行くことにします。
(公開してるかな)

ついでにこれも久しぶりに河原町を歩いた記念の一枚。
河原町通りの歩道

嶋満神社

西舞鶴の八幡さん

よく仕事で通る国道175号線沿いにある、八幡神社へお参りしてきました。
八幡神社1
大きな石碑と鳥居が国道からもよく見え、ずっと気になっていました。

国道からはいきなりの急坂が続きます。
八幡神社2

坂を上りきると削平された広場があって、お祭りなどをされる場所があります。
八幡神社3
結構広い境内ですね。

何かを利用した手水石が面白い。
八幡神社手水石

本殿。
しっかりお守りされてます。
八幡神社本殿

立派な石灯籠には奉納者のお名前も
八幡神社石灯籠1

八幡神社石灯籠2

狛犬も立派で、地元の方に大事にされているようでした。
ただ残念なのは、由緒書きがどこにもなく、これでは地元の若い人にも理解されにくいのではないかと思いました。

それに、「八幡神社」は物の本によれば全国で一番多い神社数を誇るとか。
当然「何々八幡」という表記があるだろうと思ったのですが、それもなく、ちょっと奇異に感じました。
しかし一説には舞鶴市内には八幡さんは三十数社あるとかで、単に「八幡神社」と言うお名前のものが多数あるそうですね。

末社、摂社としてある八幡さんならそうでしょうね。しかしこれだけの規模の八幡さんですからどうなんでしょうか・・・。

ちなみに我が嶋満神社は「八幡嶋満大神」です。

いろんなことを感じながらの参拝でした。
機会があればいろいろ調べてみたいです。

詳しい場所はこちらです。
バス停

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。