日常

御金神社へ行ってきました。

金運の向上にご利益があると言う、その名も「御金神社」(みかねじんじゃ)へ行ってきました。

京都市は中京区、西洞院通り御池上るという街の真ん中にそんなところがあるなんて、恥ずかしながら今まで知りませんでした。

友人に聞いてお参りしてきました。
御金神社1
なるほどビルに囲まれた街の中に、そこはありました。

金の鳥居がいかにも、って感じです。
御金神社2
境内は金運アップを願う善男(?)善女(?)でにぎわっています。

元々は国の発展に欠かせない鉱業や金属加工の人たちの氏神様だったようですが、いつのころからか「金属→金」ということで

このような形になったとか。

ワタクシもいいことがありますようにと、500円のお守りを買ってまいりました。
御金神社のお守り
さて、ここでいいご報告ができますか…。

いや、黙ってるかも・・・。

スポンサーサイト

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。