日常

親孝行

子どもたちから相次いでプレゼントが届きました。

一つは嫁に行った娘から。
もう一つは仕事で海外にいる息子から。

中身はどっちも「お米」

娘は住んでるところの販売店から「いつも買ってるのがおいしいから」と。
息子はYodobashi.comから「食うがいい」と。

親がビンボーなのをよく知ってる子どもたち、さてはしめし合わせたか・・・。

ともあれ、イッチョマエに親孝行しよる。
うれしいじゃあ~りませんか。(よしもと風)

ありがたくいただきましょう。
スポンサーサイト

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。