日常

酒はパック?瓶?

「同じお酒でもパックと瓶では味が違う」と、言います。

中身は同じはずなのになぜか?

瓶とパックでは同じお酒でも若干グレードが変えてある、その証拠に値段が違う。パックの方が断然安い・・・。

なるほど、と思います。

しかし、そうではありません。

中身はおんなじ。

ではなぜ、味が違うのか?ただ瓶とパックの見た目によって「趣」の違いで瓶の方がおいしく感じられるのか?

ヤフー知恵袋で調べてみました。

紙パックだと、保存性能が瓶より劣るので、同じものでも味が違う・・・。

これが一番信ぴょう性がありそうです。

ただ最近は高性能のパックもできており、保存には何ら問題ないという人もいます。

そうなるとやはり見た目の差か?

瓶の方が価格が高いというのは運送や保管のコストを考えれば納得は行きます。

しかし味の点は・・・?

目隠しをして試したことはないので、本当に旨い、まずいの差があるのかどうか、またその差を数値で表す方法もないので、何とも言えません。

でも、しかし、やっぱりそのようなことを意識して飲んでも、いや意識せずに飲んでも、やはり瓶の方が旨いものは旨い!

どなたか理由をおせーて!
スポンサーサイト

日常

軽減税率?

消費税が8%から10%に上がるのに合わせ、食料品や新聞などを8%に据え置く「軽減税率」なるものが新設されるそうな。

コンビニで弁当をを買って持ち帰ったら8%で、コンビニの中で食べたら10%になるなどという不毛な議論がなされていますね。

税率アップで得られる数兆円のうち、約1兆円が軽減税率で消えてしまうので、その財源をどっかから探してくることになったとか。

ならば軽減税率などという例外をなくし、その代り税率を1%まけて、ぜ~んぶ9%にすればよいのでは?

本末転倒な議論をする時間の無駄がなくなって、政治家の皆さんも役人の皆さんも、本来の政策の議論を深めることができるのでは?

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。