お店

舞鶴プレミアム商品券・その後

月初に発売されて即完売した、かの「プレミアム商品券」、弊社でも使い残しで良いからぜひ使って!などと前回の記事に書きましたが、おかげさまで、初めてのお客さま方にお使いいただきました。
舞鶴プレミアム商品券

同じお使いいただくのでも、「日ごろの買回り品」ではなく、ウチのような、「今日明日要らないもの」を買ってもらうお店で使っていただくのが本当の意味での消費拡大ではないかと、喜んでおります。

参加費用や手数料も取られますが、広告宣伝費と思えばよいし、何より通常の広告を見ておいでになる方以外の方々に買っていただくのは、客層の広がりという点で大変ありがたいことです。

地方創生の予算おかげをちょっぴりいただきました。

まだまだ使える期間はあります。
お使い残しの半端でもどうぞ弊店へ!
スポンサーサイト

お店

舞鶴プレミアム商品券

「舞鶴プレミアム商品券」が、本日発売になりました。
1万円で1万2千円のお買い物ができるというものです。

もちろん弊店でも取扱店として登録しています!
舞鶴プレミアム商品券のぼり
「あべちゃん」の地域創生か何だか知りませんが、とにかく地域の消費が盛んになって、こんな仕掛けでも元気になればいいと思います。

写真の「のぼり」は参加料1,000円を払ってもらったもの。
千円でのぼりがついて、折込広告に名前が載れば、宣伝効果も大きいというもの。

とはいえ使ってもらってなんぼ、使い残しでも何でもいいですよ、弊社へも是非お持込み下さい!

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。