お店

郵便局のレターパックプラス

私もネット販売をやっているので、いろいろとお客様の利便性を考えなくてはこの時代、やって行けまへん。

最近郵便局の「レターパックプラス」も対応できるようにしました。
レターパックプラス

もちろん商品は「かさ」の低いものだけですけどね。

世の中では「メール便」という便利なものが幅を利かせていて、それはそれでいいのですが、というか私もよく利用するのですが、これは郵便受けへ「ポイッ」と配達したらおしまい。極めて簡単なシステム。

レンタルDVDならいいかもしれませんが、弊社のこだわりの商品は、やはり「対面お届け」で送りたい。しかも運送会社さんのように番号で追跡可能であってほしい。

そのギリギリの妥協点が郵便局のレターパックプラスだったというわけです。

メール便のように200円前後で届けばそりゃあ消費者の方はいいのに決まってますが、やはり大切なものは大切に届けてほしいじゃないですか。

時々ご利用もあって、いろいろバタバタとやっています。
スポンサーサイト

舞鶴

コスタ・ビクトリア入港

今日も豪華客船入港のお話です。
コスタ・ビクトリア
コスタビクトリア75,166トン。

ぱしふぃっくびいなす入港の時に撮影スポットを見つけたので、今回も同じところからの画像です。

船体の大きさがよくわかります。

つぎはダイヤモンドプリンセスの再来、お天気が気になります。

舞鶴

舞鶴の壁紙

舞鶴市もインフラがいろいろと整い、昔とは随分と景色も変わりました。

そんな中で最近整備された場所が結構気に入ったので、壁紙にしてみました。→こちらです。
サイズも各種あります。

チラッと見る方は↓
舞鶴東港、前島
画像だけ見てると南欧のどこかの港かいな、と思うほどイイ感じ・・・かな?

最近対岸へ渡る歩道橋が整備されたので、天気のいい日にいは散歩をされてる方も多いようです。
前島港歩道橋

海はいいですね。

しばし加山雄三になった気分・・・ってか。

舞鶴

豪華客船、続々入港

舞鶴港には豪華客船が続々入港してきます。

「海の京都」、その名も「京都舞鶴港」として府を挙げて港のPRに取り組んでいるのです。

先日は「ぱしっふぃっくびいなす」26594トンが入港しました。
ぱしふぃっくびいなす

ぱしふぃっくびいなす
小さい子の敬礼姿がかわゆい。

先月のダイヤモンドプリンセス116000トンは、さすがに大きかったですが、残念ながら忙しくてチラチラわき見しながら運転してただけ、写真を撮りに行けませんでした。
ダイヤモンドプリンセス
画像は朝日新聞デジタル版よりお借りしました。(私と同じアングルで撮ってますね)

6月15日(日)にまた入港するそうなので、今度こそはと思っています。

その他の入港スケジュールは、こちら

スケジュールを見ればいずれも半日ばかりの入港で、どう港と町のPRになるのかと疑問もありますが、そこはやはり知名度全国区の豪華客船、わが町、我が港に来るんだぞというだけで胸躍り、誇りになります。

乗船客にいろんな体験をしてもらったり、商店街に呼び込んだりという取り組みもイマイチではありますが、みんなが知恵を絞ることはいいことで、いろんなことにつながるでしょう。

次回の入港にも期待です。

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。