日常

浮島夏の夜祭り

引き続いて夏の祭の話題です。
maturi.jpg
ウチの町内の地蔵盆は以前にも何度も書いていますが、伝統的に地蔵盆と八幡さん(嶋満神社)の例祭のコラボです。

そこへ模擬店やら地元商店会のイベントも加わり、町内の一大年中行事となっています。

その名も「浮島夏の夜祭り」

以前は昼間のイベントも充実させて、一日中遊べるようにという内容にしていたこともありましたが、日が暮れてからゆっくり出かけてみると、模擬店が終了していたというお叱りも多くありました。

そこで今年は思い切って伝統回帰、夜の行事に精力を傾けようということで「夜祭り」の部分を強調しています。

予算や食材、何より役員さんの負担のこともありますが、暑さも尋常でない昨今の気候、夜の祭もいいかなと思います。始まりを意識的に遅くすることで何とか対応したいと思います。

本番までもう一か月を切りました。警察、海上保安部他、関係官庁への届け出も済ませ、あとは細かい詰めの作業です。

天気に恵まれてけがもなく、無事終了しますように!


スポンサーサイト

日常

地蔵盆に向けて

おかげさまで毎日、忙しい日々を過ごしています。

以前にも地蔵盆の準備や、提灯などの記事も書きました。

今年は町内の大役をいただいているので、今までかかわってきた現場のことだけでなく、各種管庁への届け出や全体の統括にも気を配らねばなりません。

思えば町内会長の仕事って、年々膨大になってきてる気がします。以前に2回やった時はこんなに忙しくなかったのになあ。若かったので、勢いでこなしてたのかなあ。

年をとるといろんなことに目が行くようになって、気を使うことが多くなったのでしょうか。

それにたくさんの人たちと行事を行うと、思わぬ行為に感激し、友達が増えることや、逆に思わぬいさかいがあって友達をなくすことも役員の常です。

しかし基本は「どうやったら町内の子供たちや、みんなに喜んでもらえるか、どうやったら町内がにぎやかになるか」これにつきます。

この基本を外さぬようにすれば絶対何でもできると思っています。

幸い今年は連合会の他の会長さん方もやる気のある、いい人ばかりで、私も頑張らねb名という気になります。

行事はまだ始まったばかり、この後秋にかけていろんなことが目白押しです。

さて、気合を入れていきましょうか!

舞鶴

夏祭りの季節です。

今日はわが町のお宮さん、白絲濵神社の夏祭りです。

神社や町内の役員さんには早くから幟を立てていただいたり、境内のお掃除、その他いろいろお世話になってます。

我が社でも各町内の幟も製作させていただいています。
弊社製作の のぼり
弊社の目の前、ウチの町内ののぼりです。

さてそれが終わると嶋満神社の例祭と地蔵盆を兼ねて「浮島夏の夜祭」です!

今年は6町内の連合会長という大役を頂いているので、今までにないプレッシャーと忙しさです。

対外的なこともあり、ボランティアとして勝手なことをワイワイ言いながらやってた年とは違う、大きなプレッシャーがかかります。

これは何のときにも言えることですが、会長と言う役は他の役とは違い、役をやった人でないと分からない大変さと言うものがあると思います。

だからやってるときはその時の会長さんの批判はしていても、終わったあとは個人的にはいつも尊敬をしています。俗に言う「一目置く」と言うやつです。

私も後で「あの人でよかった」と言われるように頑張りたいと思っています。

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。