日常

かきぞめきょうしつ パート4

今回も「浮島はなまるクラブ」の報告です。

今年で4回目になった「かきぞめきょうしつ」、学校の宿題に熱心に取り組みましたよ。
かきぞめきょうしつ
詳しくは公式ブログに載ってます。

初めは手探りで始めた運動も「継続は力なり」の通り、一生懸命やっているうちに保護者の方々、町内の方々の賛同も徐々に得て、みなさんが関心を持っていただき、子どもたちも楽しみにしてくれるようになりました。

さあ次回は「大かるた大会 パート12」
また新しい子が来てくれるかな?

来年1月22日(土)午前9時30分ですよ~。
スポンサーサイト

舞鶴

イルミネーションの季節

年の暮れを迎え、各地でイルミネーションが盛んに行なわれています。

わが町まいづるでもそれなりに、くどいですが、「それなりに」キラキラときれいに輝いています。

JR東舞鶴駅
JR東舞鶴駅
三条通り
三条通り6438-22.jpg

軍艦名の通りにちなみ
軍艦名の通りにちなみ
三条通りと交差する東西の通りには、かつて日露戦争で活躍した旧日本海軍の軍艦名がつけられています。
「八島通り」と言う表示が写真に見えますね。

NHKの歴史ドラマ「坂の上の雲」でも「戦艦朝日」「戦艦敷島」などが登場してきます。
もちろん旗艦「戦艦三笠」も。
これらの名前を、旧海軍鎮守府設置とともに作られた町の通りの名前にしたのです。

実にショボイ、イルミネーションでも、そういう話を頭に入れて眺めると、なんか愛着と言うか哀愁が感じられていいじゃないですか。

大都会のような大仕掛けでなくても、わが町ではそれなりに身の丈にあったイルミネーションで街を飾っています。

もう一つ、名所五老ヶ岳に立つ・・・
五老スカイタワー
五老スカイタワー


きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。