日常

デジタルテレビなのにアナログを視聴!?

我が家にも遂に一台目のデジタルテレビがやってきました

テレビでは地デジ化を盛んに草薙くんたちがコマーシャルしてましたが、まだどの部屋のテレビもそこそこ元気で活躍してましたし、パソコンで情報はいろいろ取れるので、テレビの買い替えには到りませんでした。

最近、幸か不幸か遂にキッチンのテレビが調子悪くなったのでリサイクルに出し、めでたくデジタル第1号適用となったわけです。

キッチンの室内の配線が同軸ケーブルになっているので、普通につなげばそのままデジタル放送を視聴と相成ったのですが、なぜかワタクシ、昨日チャンネル合わせをしたアナログ放送をそのまま見ていました。
そう、右上に「アナログ」の文字を腹立たしげに見ながら、いつものように番組を見ていたわけです。

今朝、娘が出勤前に一言、「何でアナログ見とん?」と言うが早いかリモコンを取ってデジタルに。

「あ、デジタル見れるんやった

案の定、職場でその話をした娘は上司の方に
「ブログまで書くお父さんやのに、なにやっとん
と笑われてきたそうです

実はこの失敗談には遠い前段があるのです。

昨日ジョー○ンでこのテレビを買う時に店員さんが
「アナログを見ておられるのであれば、1チャンネルずつ手動でチャンネル合わせをしていただかねばなりませんよ。」と、のたまったわけです。

よしッとがんばってチャンネルを合わせたので、頭の中はすっかりアナログモード

フレッツテレビの契約をするまではデジタルは見れない、と言う意識にいつしかなってしまっていたのですね。
それと言うのも「アニマックスをどうしても見たい」という誰かさんのお陰ですぞ




スポンサーサイト

日常

懐かしい昭和の暮らし!?

ウチの奥さんが電気代の節約にと、こんなものを買ってきました。
ハエ取り紙
ハエ取り紙です。
つかまってるのはさすがに「ハエ」ではありませんが。

ハエトリ紙

電気代の節約、そうです。エアコンの節約→窓を開ける→虫が入ってくる→虫取り用のハエ取り紙、と言うわけです。
(いつもミクシィのコピーで、ご存知の方にはすみません)

これが結構効果大なんですよ。

それにしてもネーミングが、「ハイトリ」なんて、いかにも昭和的ですよねえ。

この商品、少し前に「ニュースステーション」・・・現在の「報道ステーション」で「絶滅危惧商品」という企画でやってました。
でも奥さんによると絶滅どころか、スーパーで普通に売ってるそうです。

やはり電気代の節約という時代の流れなのでしょうか。

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。