日常

自転車盗られた!

娘がおととい自転車を盗られました

職場を出て帰ろうとしたら、なかったそうです。

一度だけうっかりして鍵をかけなかったら案の定

チョー方向音痴で、運動神経の鈍いこの子にとっては、自転車は命の次に大事なものです。

先日も職場で「初めての免許更新です」と言ったら即座に、

「もう返上しときな」と言われたとか。

それなのにチャリのない不便さ

思えばこの子は高校以来ずっと自転車通学、通勤です。

高校はもちろん地元の東舞鶴高校。大学は群馬県の玉村町と言うむちゃくちゃ田舎で、これはチャリがないと生活できないところ。そして今、中舞鶴の保健センターまで国道を真っ直ぐ西へ、自転車通勤。

面白いのは、弟は反対にずっと乗り物通学です。
高校は西舞鶴高校で、一駅だけ電車通学、今通う大学は神戸市内で、山手までとてもチャリでは行けないのでバス通学。

『私ずっと自転車で、○○くん(弟の名)ずっと乗り物やな。」

いみじくも娘が言った事がありました。

今は家にある別の自転車に乗ってますが、見つからなければまた買わなにゃあいけないのか・・・。


家族それぞれどこかへ出たときは、その近辺の自転車置き場を目を凝らして見ています。

しかし他人様の自転車を見ては、ウチのじゃないだろかと疑い、その辺の様子の変った人を見ては犯人かと疑い、まったく情けなくなります。

鍵をかけ忘れたことが犯罪者を作った、と反省する点はあります。

でもね、世の中「人を見たら泥棒と思え」なんて、あまりに情けないじゃありませんか!?

先日の日記じゃないですが、「魔よけ」でも貼っとかないとあきませんね。
スポンサーサイト

お店

「魔よけ」のお話

お盆も近いので、「魔よけ」について考えて見ます。

最近、娘に言われて読んだ「魔よけ」の本に、我が「きもの業界」と深く関わる事柄が書いてあったので紹介してみます。

(出典・「魔よけ百科」岡田保造著、資料写真も同。)

例えば神社の「のぼり」などに「さお」を通す輪がありますね。(チイ、または乳・・チチと言います)
これには「×」をはじめ、分銅のような形や、その他いろんな形の刺繍が施されてるのをご存知でしょうか。

あれは補強のために飾り縫いをしているだけではなく、実は魔よけの為のものなんです。

資料引用
mayoke40.jpg

弊社の商品としてはお誕生後30日のお宮参りにお使いいただく、いわゆる「のしめ」・・・「初着」にもありますので、こちらの方も・・・。
mayoke20.jpg
「紐つけ」の部分の飾り縫いに見られます。

×は悪霊を断ち切る呪符であり、写真の「分銅のような形」はその両端を閉ざした形で、あの安倍晴明でおなじみの五芒星と同じく、悪霊を閉じ込める意味があるのだそうです。

さらにさらに、この「分銅のような形」は家紋の仲間でも「輪鼓紋・・・りゅうごもん」と呼ばれる、一形態を形作っています。(後に詳細を・・・)

また一見縦横に枡形を描いただけのように見える、写真の瓦にあるような文様も「臨兵闘者皆陣列前行→※」の九字を表している、その名も「九字紋」と言うそうです。
資料引用
mayoke50.jpg
そしてこの形は日蓮宗などの呪符となっているとか。
→※陰陽道では「臨兵闘者皆陳烈在前」
また、この枡形を集めたような形は魔方陣にも通じるとか。

家紋の話が出ましたが、もともと家紋自体が、お家安泰を願って吉祥文様や、魔よけの文様になっているのだそうです。

先に出た安倍晴明の五芒星も然り、九曜紋も丸が集まっているようですが、一つ一つは「星」を表しています。そのほか縁起紋は数限りなくあります。
「井桁紋」だって「九字紋」の省略形です。

つまり私たちは、先祖から受け継がれた紋付のきものをを着ることで、ご先祖さんに守ってもらってるわけなんですね。

こうしてみてくると、「魔よけ」が我が業界にただ「深く関わっている」などというようなものでなく、古来、きものは日々の暮らしの中で様々な祈りと共に、生活そのものを形作ってきた、という事が言えるように思えます。
深いなあ

この本によれば、まだまだ暮らしの中の「魔よけ」はそこかしこにあるようですが、長くなるので、また後日。

さて今日ここまで書いてきたことで「魔よけ」イコール、オカルト的な「キワモノ」扱いをするのでなく、私たちの健康を守り、福を招いて幸せな暮らしが永く続くことを願う、日常の生活のごくありふれた一場面だと、私はとらえたいと思います。

To be continued
(こんなスペルやったっけ?)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。