お酒のお話

京姫酒造の大吟醸「匠」

スーパーでお買い得の大吟醸、伏見は京姫酒造の山田錦大吟醸「匠」。
京姫酒造の大吟醸「匠」
大吟醸でもお値段はナント税抜きで1,980円、税込みでも2,138円というお買い得さ。

よく通販などでやってる「大吟醸が5本で1万円!」などというアレと同じですな。
そう、京姫酒造からして経営は、「5本1万円」によく顔を出している「越後桜」などと同じ会社ですからな。

「越後桜」のそれは「雪下紅梅」というブランド名で「ぷちショップ」の系列店で売ってます。お値段も一緒。

でもね、あなどってはいけませんよ。
さらりとして呑みやすく、普段呑みには十分すぎる旨さ。

吟醸香やコメの旨み、コクと言ったものを過度に期待しなければ、よくできたお酒です。

一応ルールで決められた「大吟醸」の製造基準は満たしているのでしょう。

我ら貧乏人にはうれしい味方です!
スポンサーサイト

お酒のお話

「桃川」純米新酒

「桃川」純米新酒
東北は青森、おいらせ町のお酒です。

以前に純米酒を飲んだ時、大変すっきりと飲みやすかったので、買ってみました。
但し今度のはアルコール度数が17~18度。
心していただきましょう。

というわけで少し冷やして飲むと・・・。

なるほど新種のさわやかさと、ややガツンと来る飲みごたえ、それに米の旨み、香りがうまく混ざり合っていい雰囲気です。

一度にたくさんは頂けないので少しづつ楽しむことにしましょう。

1日置くと少しまったりとするかな。この変化も楽しみです。

お酒のお話

紀土(Kid)春の薫風

紀土 春の薫風
平和酒造さんから出ている春のお酒を買ってきました。

以前にもご紹介しましたが、上品な酸味が特徴のすっきりした中にも味わいのあるいいお酒です。

紫外線80%除去の袋

透明の袋は紫外線を80%ブロックするものだそうで、蔵元か販売店さんか、どちらの心遣いか知りませんが、良心的ですね。

購入は山下酒店さん→こちら

呑んでみると・・・うむ、持ち味の酸味はそのままの春らしいすっきり感と米の旨み、いいですね。

駆け足で咲き、散っていく今年の桜を愛でながら一献・・・。

お酒のお話

そば焼酎

珍しく焼酎のオハナシ。

いえ、結構呑んでるんですけどね。ここの話題に登場しないだけです。
そば焼酎
左はアサヒビールから出ている「玄庵」、右は雲海酒造の「吉兆雲海」。

そば焼酎といえばあの川中美幸のCM「そば焼酎~うんかいィ~♪」で有名ですよね。

こちらの「吉兆雲海」はあの「雲海」と違ってあまり特売品にはなりませんが、元の価格はそんなに変わりません。

「玄庵」の方は、あまり扱ってるところがないのでネットで買ったりします。

両者は何がいいって、そば焼酎独特の「青臭さ」がないんです。

それで飽きが来ずに何杯も呑めるってわけです。

それはそば焼酎に対するアンチテーゼにもなりうる見解ですが、とにかくじっくり味わえるのがいいんです。

是非お試しを。

お酒のお話

春は名のみの・・・おお寒む!・・・で、お酒

記録的な寒さですね。
当地、舞鶴市では積雪はごく少なく、毎日のTVニュースでやってるような困りごともなく、何とか過ごせています。
ただ、寒い!これはたまりません。

というわけで熱燗でも・・・
京の春
今回は向井酒造さんの「京の春」

「普通酒」ながら以前紹介した「竹の露」よりも1升瓶で200円ほどお高くなっています。

ま、佳撰と上撰の違い位でしょうか。

早速「冷や」で・・・旨い!米の味がよく出ています。「竹の露」よりも少し濃い、「旨口」の「やや甘口」か。
「燗」で・・・旨い!これまた「まったり」としたやさしいお味が損なわれることなく感じられますね。

「丁寧に作った地酒」という感じがよく伝わってきます。
ラベルを見ながら目で春を感じ、喉でも春を感じております。

正に「普通酒は偉大なり」と、もう一度言わせていただきます!

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。