お酒のお話

和歌山の酒「紀土」

あまりなじみのないお酒、和歌山のお酒です。(失礼!)
紀土(キッド)

ホントに失礼いたしました。
実は先日、友人からここの蔵(平和酒造さん
の「夏のお酒」をいただき、大変感動したので、売ってたというお店を訪ね、購入してきたのです。

そのお酒は「夏の疾風」といって大変さわやか、夏に最適の酸味が実に気持ちのいいお酒でした。
最初頂いたときは「え!?和歌山の日本酒?」って感じでちょっとイメージがわきませんでした。

が、一口頂いた印象は「旨い!」「このさわやかな酸味は何だ!」
「和歌山だからみかんの酸味が乗り移ったのか!」って感じでした。

元来日本酒の酸味は、私はあまり好きではありません。

いや、安酒ばかり飲んでるから、無理に発酵させるのに使った乳酸菌の味だったのかな。

でもこれは実にさわやかでおいしいお酒でした。

それで、紹介されたお店で買ってきたというわけです。

もう夏も終わりに近づき、「夏の疾風」はありませんでしたが、画像のお酒を買ってきました。

販売店のご主人も実にお酒のことがよく分かってらっしゃるようで、信頼感が湧きました。
「山下酒店」さんです。

ここの蔵のお酒はややお求めやすい価格だという安心の一言もいただきました。

是非一度行ってみてください。こだわりの日本酒がいっぱいですよ。

ちなみに一緒に行った私の奥さんは、同じ平和酒造さんの「発泡酒」を買いました。
平和酒造の発泡酒
「開けたら全部飲んでしまわなあかんしなあ」
と言ってたら、お店のご主人に「ハーフサイズもあります」と勧められ、決定!

さて日ごろはパック酒しか飲めない貧乏酒のみですが、たまには舌を磨くといたしましょう。
スポンサーサイト

お酒のお話

京都のお酒

最近京都のお酒に凝っています。
京都のお酒
「伏見のお酒」と書かずに「京都のお酒」と書いたのは写真の通り、伏見だけでなく、その他の京都市内でも製造されているからです。

そして月桂冠や宝酒造、黄桜といったいわゆる大手ではありません。

画像の「京姫酒造」「佐々木酒造」の他にも昔からよく聞く「神聖」の「山本本家」、「招徳」の「招徳酒造」、「桃の滴」、「富翁」、「キンシ正宗」、「松井酒造」、「羽田酒造」など数えればきりがないですね。※銘柄と会社名がごっちゃになっててすみません。

もちろんこれらを全部飲んだというわけではないですが、大体言えるのは「京都のお酒は割とまったりしてて、甘辛で言えば甘い方、濃淡で言えば淡麗でなく濃醇っぽい」ということでしょうか。
かなり荒っぽい意見ですみません。

これらのことは巷間よく言われる「土地の料理との関係」なのでしょう。

「薄味の関西料理に合うお酒はまったり系、辛くて濃い味の関東の料理に合うお酒はあっさり系」ということですね。

以前、模様替えされる前の「玉乃光」のホームページの説明に、こんな一説がありました。
「日本酒はもともと甘いもの、それを無理に端麗で辛口に仕上げて酒の良さが失われてるのが今の時代」
・・・というようなものでした。

※無理に端麗で辛口に仕上げたものを、糖類添加などでまた無理に甘くするのもどうかと思いますが、それはまた別の話。

確かに純米にこだわる「玉乃光」などは割とどっしりとした味が出てるようです。
というより何というか「かなり常識的な味」と言いましょうか。

この「常識的なお味」というのはなかなか難しいものですが、しっかりといいお酒を造ってて、安心して飲めるという感じです。

もう一つ荒っぽい捉え方をすれば、京都の酒蔵は、量は少なくてもしっかりといいお酒を造ってるということが言えると思います。
(パック酒などは除きますがね)

これが京都の産業全体に言えることですが、「信用」というものにつながってるのでしょうね。

例によってうだうだとくだらぬ話にお付き合いいただき、申し訳ありません。

日々、安くてうまいパック酒を探し求めるワタクシだって、いいお酒を楽しむこともあるということで、お許しいただきたいと思います。

さて次は何を買い求めようか。いい銘柄があればご紹介ください。

お酒のお話

 大関 辛丹波

またまた酒の話題ですみません。
今はコレにはまってます。
大関辛丹波

「淡麗辛口の代表酒」と言っていいでしょう。

以下はアマゾンのページからの抜粋です・・・。

《酒処丹波の風土で育んだ地酒、淡麗辛口本醸造「辛丹波」丹波立杭焼のイメージをボトルに再現。
丹波の郷愁と伝統そして素朴な土の匂いを感じさせます。
辛口ですが大関独自の醸造技術により、雑味のない、口あたりサッパリのキリッとひきしまった淡麗辛口酒に仕上げました。
その上、冴え、澄み、深みををさらに感じさせる逸品です。》

上の写真は、もう飲みかけてるので、口の部分が白い蓋だけですが、買った時はこんなです。
辛丹波
画像は同じくアマゾンより。

さて実際に頂いてみた感想は…

旨い。
冷やで飲むと「つるり」と口の中から喉の奥へと収まっていく感じ。
辛口と言ってもじっくり醸した辛口の良さか、刺激など全くなく、コメの酒の甘みさえ感じる幅と奥行。
ワタシ的には「淡麗」というよりは「やや淡麗」でしょうか。

燗で飲むと落ち着いた辛さが上品に口中に広がります。

メーカーページには「冷やでも燗でも実力を発揮」とありますが、全くその通り!

それに価格がこの近辺では720mlで800円前後と、大変リーズナブル!うれしいですね。

欲を言えば一升瓶で売ってるお店が少ないので、困っています。
ネットで買うのも送料の問題もあるしね。

さて瓶の外装ですが、「立杭焼のイメージ」とあるように、「いかにも」といった感じのフィルムが貼ってあるのですが、これがまたすっかり決まっている感じです。
お値段の割に高級感もあって、酒飲みの自尊心をくすぐります。

夜毎ちびりちびりと楽しんでおります。

お酒のお話

酒はパック?瓶?

「同じお酒でもパックと瓶では味が違う」と、言います。

中身は同じはずなのになぜか?

瓶とパックでは同じお酒でも若干グレードが変えてある、その証拠に値段が違う。パックの方が断然安い・・・。

なるほど、と思います。

しかし、そうではありません。

中身はおんなじ。

ではなぜ、味が違うのか?ただ瓶とパックの見た目によって「趣」の違いで瓶の方がおいしく感じられるのか?

ヤフー知恵袋で調べてみました。

紙パックだと、保存性能が瓶より劣るので、同じものでも味が違う・・・。

これが一番信ぴょう性がありそうです。

ただ最近は高性能のパックもできており、保存には何ら問題ないという人もいます。

そうなるとやはり見た目の差か?

瓶の方が価格が高いというのは運送や保管のコストを考えれば納得は行きます。

しかし味の点は・・・?

目隠しをして試したことはないので、本当に旨い、まずいの差があるのかどうか、またその差を数値で表す方法もないので、何とも言えません。

でも、しかし、やっぱりそのようなことを意識して飲んでも、いや意識せずに飲んでも、やはり瓶の方が旨いものは旨い!

どなたか理由をおせーて!

お酒のお話

コレ、なかなかイケる。

「月桂冠山田錦純米」1800ml
月桂冠山田錦純米1800ml
画像はアマゾンからお借りしました。

900mlのちっちゃいのは以前からあったようですが、1升のパックがこの秋から発売されたようで、買ってみました。(2000mlでないところに躊躇はしましたが)

結構イケますね。

以前に安物の純米パックを買ってえらい目に遭い、以来、中途半端な純米パックを買うくらいなら安物でも三増酒を買った方がまだましだ、と思ったものです。

しかしこのお酒はそこそこ値段もするし、試してみる価値はあると思い、スーパーのキャンペーンにも乗ってみたのです。

画像をご覧になるとわかるように「山田錦」と銘打ってるくせに端っこに小さく「山田錦55%使用」と表示があります。
全量山田錦で醸したのではないんや!

いやいや、それくらいのことで「パック酒愛飲家」は怒ったりしませんよ。だいたいそんなこっちゃろ。

さてお味は・・・。

おりゃ!結構旨い!

ほのかな吟醸香(っぽいもの)も感じられ、「山田錦」を使ったお酒という信頼感を裏切らないよう、他の酒米もそれなりのものを使っているのでしょう。

近年は「融米造り」という近代的な(安易な?)酒造りも流行っているそうですが(ほかならぬ「月桂冠が」開発したとか)、ワタシにはこのお酒がそうなのか、伝統的な方法で作っているのかわかりません。

そこまでうんちくを進めると自分が何を飲んでるのかわからなくなって、お酒の味もわからなくなります。

要するに「この値段でこのお味は妥当か」ここにかかってくると思うのですが・・・。

その意味で、この「山田錦純米」は55%しか山田錦を使っていなくても、いいお買い物であったということができます。


きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。