FC2ブログ

日常

泉屋博古館

京都白川、鹿ヶ谷にある泉屋博古館へ行って来ました。

今回の特別展は「仏教美術の名宝」と題して金銅仏や仏画などを展示するものです。
この泉屋博古館は住友家の収集品を集めた美術館ですが、残念ながら今までその存在を知りませんでした。
泉屋博古館
特にこの一帯は私の高校生時代に、このあたりに住んでいた友人と、よく自転車で走り回ったものなのですが。

モノを見る目ができないと、気が付かないことがいっぱいあるのですね。
泉屋博古館本館より
中庭もきれいです。
泉屋博古館渡り廊下
渡り廊下を渡って企画展へ。
泉屋博古館中庭
企画展示室から見る本館。

喧噪の市街地とそんなに離れていないのに、ここは静寂の別世界です。

かわいらしくもありがたい古代の金銅仏に目を奪われ、仏画、仏具などに心洗われたのは言うまでもありませんが、ここは撮影禁止なので省略。

さて思いがけず(と言ったら失礼ですが)感動したのはここがメインで所蔵している「青銅器コレクション」でした。

じっと見入っていると職員の方?ボランティアの方?のおばさん方がすっと寄ってきて、タイムリーな説明をしてくれます。
「この展示コーナーは撮影OKです。縁起のいい文様もありますので、是非『待ち受け』にしたりSNSで発信してください。」ですと。

近くにいる一人二人で聞いていると周りの観覧者も寄ってきて輪ができる、といった感じで楽しく勉強させてもらいました。
説明を聞いていると、この人たちの収蔵品に対する「愛情」がひしひしと感じられました。
「好きなんやなあ」といった印象。

さてここで特に感動したのは様々な青銅鏡です。
青銅鏡コレクション
テレビなどでは知識としてあったのですが、実際に見てみるとその「薄さ」にびっくり。
青銅鏡
さらに「何とか紋、なんとか鏡」という種類もいっぱいあって、古代の技術、思想にまた感服。

今まで美術館と言えばもっぱら派手な「絵画」しか見てこなかったのですが、ちょっと違った趣味もいいなと思った一日でした。
スポンサーサイト

日常

福知山城のライトアップ

奥さんの実家のある福知山で、お城がライトアップされるというので見に行ってきました。

実家前から見たお城。
福知山城1
暮れなずむ空に浮かぶ、と言ったところですな。
福知山城4

太鼓橋を渡って登城しますぞ。
福知山城2

福知山城3

登城路もきれいです。
登城路もきれいです。

天守閣
福知山城5

若い二人、夜景を眺めてイイ感じですな。
福知山城6

福知山も花火大会が過去に大変なことになって、いろいろと模索してるんですね。
こうゆうしっとりとした演出もいいですよ。頑張ってください。

日常

読書の夏

暑いですね、その上何度も水害や台風に見舞われて、「さっぱり」の日本列島です。

被害に遭われた方には本当にお気の毒で、言葉もありません。

さて「夏と言えば読書」って、小中学生の宿題のような言いまわしですが、成人した我が子たちの本棚にも結構面白い本が並んでいます。
本を買うお金のないオヤジとしてはなかなか面白いワンダーランドです。

以前はよく図書館へも涼みがてら行ったものですが、年を食ってものぐさになってあきまヘン。

そこで我が子たちの本棚からちょいと失礼、楽しませてもらってます。
子供たちの本棚より
左は「怪異」や「怨霊」と言った「この世のものならぬもの」の好きな娘の蔵書。

あなたの知らない京都・異界ガイド
改めて身近な京都を知る、いい機会になります。

右は「リアリティー」を追及する息子の蔵書。
世界史MAPS
実はワタクシ、このテの本も結構好きなんです。

図書館でもよく読みました。
戦国時代の城の攻防戦とか、絵図を見ながら「〇〇の戦い」を偲んだりと、さながら「大人の絵本」っていう感じです。

もう一つは小学生高学年向けの1冊。
リビングストン発見隊
「ふりがな」もふってあって確かに小学生向けですが、大人でも知らないことがいっぱいです。

一応小学生向けなので、内容的に少し突っ込みが足りなくて「肩透かし」をくらわされる部分もありますが、事実に基づいた冒険物語は大人でもワクワクします。

暑い暑いとお酒飲んではぼやいてないで、身近なところで「知」の探検をいたしましょう。

日常

サボテンが咲いた!

サボテンの花
今日は写真だけ。

日常

水越けいこ 、再び

覚えておられるでしょうか、1970年代、TBSの朝8時台の番組「8時の空」。

TBS系列各局の朝の空模様を日本列島、北から南へ映しながら、スタジオでは田中星児と水越けいこがギターを抱えていろんな
歌をライブで歌う10分ほどの短い「つなぎのような」番組。

でも楽しい時間だったなあ。

ここからはあの「ビューティフルサンデー」や「お弁当箱の唄」などのヒット曲が出ましたね。

社会人なり立ての私は、当時の職場への出勤前、その「けいこちゃん」の笑顔に勇気づけられ、ファンになり、

職場でも「これっくらいの、おべんと箱に、おにぎりおにぎりちょいとつめて・・・」なんて、マネしてたものでした。

LPレコードも買いました。
水越けいこ1

水越けいこ2

帰郷して家業を継ぎ、結婚、忙しく過ごすうちに長い間忘れていた彼女を、ふとしたことからYouTubeで見つけたときは感動モノでした。

やはり私と同じように彼女のファンがいて、動画をアップしてくれてたようですね。うれしかったですよ。昔の彼女に会ったよう?

そんな怖いこと、よう言いまへん。

冗談はさておき、今でもけいこちゃんが活躍してることがうれしかったです。

水越けいこTV
「ほほにキスして♪」とテレビで歌ってた頃。

私生活では離婚や子供さんのこと、いろんなことがあったようですが、頑張っているのがホント、うれしかった。

彼女の何がいいかって?

歌唱力と表現力。どんなジャンルもしっかりと自分のモノにして聞かせてくれるところ。

「シングルガール」「めぐり逢いすれ違い」のような大人の女の歌、「幸せをありがとう」「ほほにキスして」のような純な歌、「星の
子守歌」「地図」のような少年少女のころを思い出すようなメルヘンチックな歌、「Too far away」「歌って死ねるなら」のように歌
唱力を要求される歌、どの歌も彼女の世界へしっかり引き込んでくれます。

そして私が一番好きな歌は「東京が好き」です。

いずれもYuoTubeに上がってますが、いろいろ問題があるといけないので、リンクは貼りません。

どうぞ検索して聴いてみてください。

寝る前のひと時、彼女の歌を聞きながら、少し甘口の日本酒を冷やで頂く、これはいい「癒し」になりますよ。

(画像はヤフー画像検索からお借りしました。どなたか知りませんがありがとうございました。)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。