FC2ブログ

麒麟が来たぞ。

  • 2020/02/12(水) 09:15:30

大河ドラマ「麒麟が来る」が始まりました。
ウチの奥さんの実家から歩いて3分の福知山城では、昨日は祭日ということもあって賑わっていました。
光秀さんの自販機
天守閣前の広場では光秀さんが缶コーヒーを売ってました。
お金を入れると「時は今、明智光秀、ここに見参!」としゃべってくれます。

下の佐藤太清美術館に「麒麟が来る」特設資料館があって、長谷川博己さんと門脇麦ちゃんが出迎えてくれました。
麒麟が来る01
川口春奈ちゃんの方がよかったかな。

展示は「特設」の感が否めないですね。もっと立体的な展示もほしかった。
おみやげもあまり見かけなかったなあ。

舞鶴まで帰ってきてバザールタウンでお買い物をしてて、光秀さんの名を冠したお酒やクッキーみたいなのがあって変な感じでしたよ。

頑張って!福知山!

スポンサーサイト



ローソンの雪苺娘(ゆきいちご)

  • 2019/12/30(月) 10:37:26

「雪苺娘」 ゆきいちご と読ませてます。
雪苺
コンビニもお正月のムードになってきましたね。

酒ばかりでなく、甘いものも大好きなオヤジです。たはッ!

石清水八幡宮へお参りしてきました。

  • 2019/12/08(日) 11:25:47

お正月でも何でもないのにって思わないでください。

日本フルハップの健康ウォーキングの催しに当たったんです。
前回は数年前の「小谷城跡」。
久しぶりに当たりました!

さて厄年以来の京阪電車石清水八幡宮駅前。
石清水八幡宮駅前

ケーブル乗り場前で受け付け。
受付風景

ボランティアの観光ガイドさんの説明を聞いてます。
ガイドさんの説明
石清水八幡宮については私も、嶋満神社の八幡さんつながりでいろいろ調べているので、ガイドさんのお話も、うむうむと納得したり、いやちゃうで、ホンマはなあ・・・。と心の中で突っ込みを入れたり、面白い体験でした。

でも郷土のことを調べて人に伝えるのはとてもよいことだと思います。
それにガイドさんによれば「60歳過ぎたら観光ボランティアをしてください。」とか。

「足腰が丈夫になるし、いろいろ調べてひとにしゃべらなあかんので脳トレになりますよ」ですと。
二の鳥居
表参道を「ディープな石清水」の秘密を聞きながら降りてきました。

今回はコースが楽な設定だったんで、参加者も平均年齢が高く、おとなしいレクリエーションとなりました。
でも何といってもボランティアさんたちには大変お世話になりました。
地元のことをよく知る人と歩くのは楽しいことです。

最後に一つディープな石清水のご紹介。
神様の御遣いの鳩
神様の御遣いの鳩ですが、一の鳥居の鳩と拝殿の鳩は向きが違います。

なんでか?
参拝前にはそっぽ向いてても、参拝後には仲良くなるという八幡様のご利益。
ホンマかいな。

参加者証
さて参加者証を記念にもらって帰りましたが、スタッフの方々にもほんとにお世話になりました。
また健康ウォーク、当ててね。

福井のお酒

  • 2019/12/05(木) 12:27:28

緑の一本義
前回画像を撮る前に呑んでしまった「緑の一本義」。

今回はバッチリ。

まだほかにも福井のお酒はあるぞ。

お楽しみ。

今年も泉屋博古館

  • 2019/10/07(月) 11:35:32

今年も行って来ました、泉屋博古館。
昨年の記事は、こちら→

今回の特別展は「文化財よ永遠に」と題して、文化財の修復についてのものになります。
文化財よ永遠に
前回は紹介できませんでしたが、裏手の通りから入ると、ちょっとした「都会の森」が作ってあり、まちなかにあってホッとする空間ができています。
泉屋博古館北入り口

まちなかの森1

まちなかの森2
この「森」には四国別子の山の木が使われているということです。
さすが住友さんの美術館ですね。

今回のチケット入手にあたっては読売新聞販売店の深田さんのご厚意にあずかりました。ありがとうございました。

さて日本美術を鑑賞した後は、久しぶりの京都ということで、「お上りさん気分」を満喫してきました。
平安神宮神苑2
平安神宮神苑
平安神宮神苑1

ところで最初の写真の左隅のフィギュアですが、これは泉屋博古館のショップで買った青銅製の酒器(住友コレクション)のレプリカ。
デスクトップPCの上に鎮座してます。