舞鶴

お役所の仕事。ワクワク感のないグッズ売り場。

あえて辛辣なことを書きます。

売る気があるのでしょうかねえ、ほんま。

赤レンガパークにある「まいづる知恵蔵」のおみやげ売り場、「赤レンガショップ」です。

サイトの説明通り、旧海軍の施設を生かしたちょっとイイ感じの建物です。

しかしこのショップ、あまりに暗い。

赤レンガ倉庫のイメージそのままに、静かでショップとしては不気味。

他にお客がいないと帰りにくいという、もうかっていないスナックのような状態です。

この辺りではいろんなイベントもあって楽しいし、最近は京都府の「海の京都」というキャンペーンもあって人の出入りも多いようです。

そこで、どの程度のお金が地元に落ちているのだろうかということが気になるのはワタシだけではないと思います。

ただ、国道を走りながら散策する人を見る限り、観光客は施設から施設を巡るのに「ひたすら歩いている」、「歩かされている」という印象です。

広いエリアの中で物販施設はここだけなのに、あまりに白けた雰囲気。

図書館のようにオネエサンがじっと座ってるだけ。

この日偶然居合わせた他のお客に対応する姿も、市民課のオネエサンと同じ。

物を売ろうという意識は全く感じられません。お役所の仕事ですな。

マニアックないいおみやげがいっぱいあるのに、残念なことです。

ではどうすればいいか、もう民間委託しかないですね。

このショップだけでなく、パーク一帯をです。

そうして赤レンガパーク一体がまさに一つのパークとしてストーリー展開ができるようにするのです。

物販もここだけでなく、ワゴンや屋台であちこちに置きましょう。

一つの企業に委託すれば、市有地、国有地、と入り組んだ一帯の出店などに関する許認可もスムーズに行くでしょう。
スムーズに行くサポートもしなければだめです。

みんな、おみやげを買いたがっているのです。

期待してまっせ。
スポンサーサイト

舞鶴

「かき小屋」へ行ってj来た!

舞鶴の重要な海産資源である「牡蠣」。

身が大きくてプリプリの天然牡蠣を食べさせてくれるお店(と言うよりほんまの小屋って感じですが、そこがまたいい)があります。

舞鶴かき小屋さん!
舞鶴かき小屋

季節限定のお店へ友人と行ってきました。

70分限定の入れ替え制というわけで、漁師さんがそばで牡蠣の身を出してくれるのですが、これがまたちょっとした牡蠣の「わんこそば状態」。
ってわけで食べてる間の画像はないのが残念です。

しかし期待にたがわぬ美味しさで、十分満足してきました。

今年はもうシーズンも終盤、来年の予定に早くも組み込みたい場所です。

場所は漁港の空き地といった感じで、海の香りがしてローカルな気分満喫、是非皆さんも…。

おみやげに買った「戸島屋」さんの焼鯖寿司もおいしかったですよ!
戸島屋さんの焼鯖寿司

舞鶴

クイーンまいづるの浴衣姿をアップ

舞鶴市の最大の夏祭り、みなと舞鶴ちゃったまつりが開催されました。

今年もイメージガール、「クイーンまいづる」のゆかたを弊社より納めさせていただき、昨日の前夜祭で披露されました。
クイーンまいづるのゆかた
新旧クイーンまいづるの引継ぎの様子です。

もちろん今年も奥さんが着付けに行ってきました。

お陰様で弊社のゆかたがずらりと並んだいい写真をご披露することができます。

小さな商いですが、これからも地域のために頑張りたいと思っています。

舞鶴

舞鶴の桜

今年もきれいに咲きました。舞鶴の桜。
舞鶴の桜
望遠で撮ると
舞鶴の桜2
観光地でない普通の川沿いの桜なので、イマイチ、アピール度は低いですが、市民にとっては憩いの場です。

海から延々上流に向かって約3キロは続いています。
河口付近はこんなです。
舞鶴の桜3

海へ出ると対岸には海自の教育隊の桜。
舞鶴の桜4

「春に三日の晴れなし」と言いますが、ワンチャンスの晴れ日にいい風景が記録できました。

舞鶴

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて元日は早朝にうっすらと雪が積もり、嶋満神社にお参りすると狛犬さんや拝殿の屋根に塩で清めたかのような雪化粧。

何かの瑞兆のようで、心洗われる気持でした。

ところが夕方から一転、猛吹雪、思わぬ大雪となりました。

ま、これが丹後地方の冬ですわ。

3日になると少し落ち着いた天候だったので、息子がくれた「お古」のデジイチで港まで試し撮りに行ってきました。
お正月の風景1
漕艇部の高校生たちの作品?

お正月の風景2
港の対岸から見た浮島

お正月の風景3
ほのぼのとした親子

今年もいい風景に出合いました。

美しいまち、舞鶴で今年も頑張りましょう!


きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。