未分類

がんばれ海保!

海上保安官の勇気ある行動が世間の共感を呼び、果して罪に問えるのかどうか、検察も世論の動向を気にしているようです。

わが町舞鶴には海上保安学校があり、毎年優秀な若者が入学し、そして日本の海の安全を守るために巣立っていきます。

地元市民として、海猿たちには他の町の住民以上に、強い思いがあります。
それだけにこの勇気ある行動には拍手を送りたいと思います。

さて私のマイミクさんの日記には、海保を取り巻く厳しい環境を憂えるブログを発見した旨、書かれていました。

あまり政治的なことは書きたくありませんが、一国民として、あまりに当たり前のことがなされていない理不尽な状況が多すぎると思い、こんな日記にして見ました。

陸の人間たちがうだうだ言ってるこの時間にも、彼らは命をかけて人命救助とわが国の海の安全のためにがんばってくれています。

ありがとう、がんばれ海保!
スポンサーサイト

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。