日常

 大関 辛丹波

またまた酒の話題ですみません。
今はコレにはまってます。
大関辛丹波

「淡麗辛口の代表酒」と言っていいでしょう。

以下はアマゾンのページからの抜粋です・・・。

《酒処丹波の風土で育んだ地酒、淡麗辛口本醸造「辛丹波」丹波立杭焼のイメージをボトルに再現。
丹波の郷愁と伝統そして素朴な土の匂いを感じさせます。
辛口ですが大関独自の醸造技術により、雑味のない、口あたりサッパリのキリッとひきしまった淡麗辛口酒に仕上げました。
その上、冴え、澄み、深みををさらに感じさせる逸品です。》

上の写真は、もう飲みかけてるので、口の部分が白い蓋だけですが、買った時はこんなです。
辛丹波
画像は同じくアマゾンより。

さて実際に頂いてみた感想は…

旨い。
冷やで飲むと「つるり」と口の中から喉の奥へと収まっていく感じ。
辛口と言ってもじっくり醸した辛口の良さか、刺激など全くなく、コメの酒の甘みさえ感じる幅と奥行。
ワタシ的には「淡麗」というよりは「やや淡麗」でしょうか。

燗で飲むと落ち着いた辛さが上品に口中に広がります。

メーカーページには「冷やでも燗でも実力を発揮」とありますが、全くその通り!

それに価格がこの近辺では720mlで800円前後と、大変リーズナブル!うれしいですね。

欲を言えば一升瓶で売ってるお店が少ないので、困っています。
ネットで買うのも送料の問題もあるしね。

さて瓶の外装ですが、「立杭焼のイメージ」とあるように、「いかにも」といった感じのフィルムが貼ってあるのですが、これがまたすっかり決まっている感じです。
お値段の割に高級感もあって、酒飲みの自尊心をくすぐります。

夜毎ちびりちびりと楽しんでおります。
スポンサーサイト

日常

浮島はなまるクラブ 今年もやってます。

平成13年から始めた地域での子育て支援のボランティア、「浮島はなまるクラブ」。

形を変えながらもいろんな行事を続けています。

やきいも大会は9年目
やきいも大会パート9

書きぞめきょうしつも9年目
かきぞめきょうしつパート9

来年にお正月明けには「かるた大会パート18」です。こちらは設立以来毎年、やっています。

はっきり言って、やってる我々が年いってしんどくなってますが、子供に元気をもらいながら頑張っています。

子どもたちの親御さんだけでなく、町内の役員さん方、老人会の方々、いろいろ子供の様子を見に来ていただいて、結構いい「輪」ができてるんですよ。

お近くの方は見に来てください。

公式ブログはこちらへ→





日常

高額の寄付はできないけれど。

熊本城復旧支援カレンダー
熊本城の災害復旧支援カレンダーです。

一部につき200円が寄付されるそうです。

少しでもと思い、買ってみました。

早く元の姿に、と願います。

日常

結構イケる・・・松竹梅 天 純米

松竹梅 天 純米
またパック酒の話題で恐縮ですが。

コレ、結構旨い。

なんや、「天」か・・・と言わずに呑んでみてください。

最初は渡哲也と吉永小百合、大層な俳優を持ってきてパック酒の宣伝かいな、と思ってましたが、結構いけるんです。

米のふくらみ、といった本格的なお味はあまりないけど、すっきりと雑味がなく、常温で呑んでも辛口の割には後味はやや甘みの残る絶妙のバランス、燗をすればつるりとのどへ自然に入っていく。ある程度の重厚さも残しながら…。

日々安くて旨いパック酒を探し求めるオヤジには、いいものが見つかったと喜んでいます。

ただ、今は景品付きのキャンペーンをしているのでお値段も2リットルパック税抜きで1,000円以下で買えましたが、定価に近いお値段となると考えますね。

お店の方のご努力に期待します。

日常

カフェ工房・・・旨いドリップコーヒーを買ってみた。

広島発の旨いコーヒーをネットで買いました。
ドリップコーヒー10種セット

いつも家用は粉or豆で買うのですが、個人的には最近ドリップに凝ってまして、いろんなサイトでちょこちょこ買ってます。

そんな中の一つがここcafe工房さん
こてこての広島弁で案内してくれるところも気に入ってます。

ドリップの旨い入れ方も教えてくれてます。→こちら
注、サイトの写真と同じくらいのお湯を入れると、少し味が薄くなります。あくまで「イメージ」として見た方がいいですよ。

さてそれで、10種類の中からまずは一番気になるものから入れてみました。
パナマ・バルマウンテンコーヒー
パックをセットして。
このセットはどれも一袋9~10グラム入りと、スーパーや他のサイトで売ってるのより1~2グラム多く入っているので、味が薄くなる心配がない。
ドリップコーヒー1
うむ、いい香り。
お湯を注ぐ。
ドリップコーヒー2
決して急いではいけません。ポットのドリップ機能を使いましょう。
ドリップコーヒー3
マグカップならこの辺でやめときましょう。
約三分の一で140cc、欲張ってたくさん入れると薄くなります。

写真ではあんまりおいしそうに見えませんね(泣)
でもしっかりコクもあって美味しいのはこのくらいの量です。

あ~至福の時。

各袋にはそれぞれの産地の味のバランスも書いてあるので、自分の味覚と比較しながら飲むといいですね。

たくさんあるので、毎日少しづつ楽しむとしましょう。

勝手に宣伝しちゃいました。ははッ(-_-;)

きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。