FC2ブログ

弥栄鶴「ツルパック」

  • 2020/09/17(木) 11:07:18

しばらく本醸造、純米、吟醸、と「特定名称酒」のオハナシが続いていたので、ここらで少し酒飲みの「王道」に戻って「普通酒」のオハナシと行きましょうぞ。

地元、京丹後市弥栄町の竹野酒造さんのお酒、「弥栄鶴」です。
ツルパック 1
ちょっと変わったパックですな。

横から見ると
ツルパック 2
お味よりパックの方が気になります。

後ろ姿は
ツルパック 3
なになに、「外箱と内箱は分離できます」と書いてあるぞ。

「分別に楽」というより構造が気になる。
こりゃ早く呑まなあきませんな。

地元と言えば京丹後市久美浜町にある熊野酒造さんの普通酒パック「久美の浦 豊醸」もおいしかったな。

同じ久美浜町の木下酒造さんの「玉川」はこちら舞鶴の居酒屋さんでもよく置いている美味しいお酒、本ブログでは「丹後美人」というチョーレアい普通酒もご紹介しましたね。→こちら

福井県や福島県のお酒もいいですが、京都府北部にもいいお酒がありますよ。

さて、そんなことより弥栄鶴のパックの形状はどないなってるのか、早く呑み干すしかないぞ。

乞うご期待!

スポンサーサイト



続、花春・・・吟醸の巻

  • 2020/09/13(日) 11:31:39

前々回の記事の続き、福島の酒、「花春」の吟醸です。
花春 吟醸 1
スペックは、以下の通り。
花春 吟醸 2
サイトに記載の通り、お勧めの冷や(冷蔵)で頂くと、とてもいい感じ。

スッキリとした上品な酸味が口中に広がり、甘さが後を追っかけ、旨みとともに広がる。
切れが良いので、後口もさわやか。

旨い!

非接触型検温計

  • 2020/08/29(土) 11:07:03

非接触型検温計
少し前は、脇にはさむ体温計が市場から消え、ようやく手に入れたら世間はもう、非接触型の時代に。

しかも町の電気屋さんでは7~8,000円で売られてますが、ネットでは2,000円前後。
画像は楽天で買った中国もん。

初期不良以外はほとんど保証なしに近い。
でもこの程度ならダメモトで買えますよね。

でもこれ、なかなかのスグレモノですよ。
わずか1秒、瞬時に測れちゃいますからね。
ホンマかいなって何度もやってしまいます。

体温だけでなく、料理や物の温度も測れます。
ビールの冷え具合も数字でわかります。(手に持ったらわかるワイ!)

ま、こんなものが必須になる時代が来ようとは、そこです、言いたいのは。

「花春」純米2種、呑み比べ 8/23追記あり

  • 2020/08/17(月) 09:22:58

福島県、会津のお酒「花春」の純米2種です。
「花春」純米2種
花春酒造さんは、こちら→
ネーミングがいいですね。
雪深い会津の地、花咲く春を待ち焦がれる粘り強い気質と、酒つくりに対する真摯な思い・・・私なりに解釈すれば、こんな感じでしょうか。

まず、左の「甘口純米」。
正に私の求めるもの!

夏に甘口なんて、・・いやいやキンと冷やしてスイーツ感覚でいいんじゃないかな。

右の「純米」。
こちらは別名「濃醇純米」。
「花春 濃醇純米」
まったりとした深みのある味わいが想像できますな。

さてさてお味の方は、
まずは「濃醇」から。

夏場のことで、常温ではちとしんどいので、冷蔵庫で一日冷やしていただくことに。

一口含むと・・・おお、米の旨み、芳醇な味わい。
しかし冷やなので、「濃醇」の重さは感じられず、いい意味で「まったり感」が広がる。
それでいて冷やしたことですっきり感も程よくあり、くいッとイケてしまう。

いいお酒だ。
あまり酸味が感じられないので、燗も楽しみだ。

8/23 追記
「濃醇」だが「すっきり感」の元は「やや辛口」にある。
「酔鯨」のような決して挑戦的な辛さでなく、「辛丹波」のようなおとなしい辛口。
飽きの来ない、しっかりと作ってあるいいお酒だ。

ということで次回は「甘口」だ・・・。

「イソジンうがい薬」

  • 2020/08/06(木) 08:57:31

この薬がこんなに脚光を浴びるなんて…。
イソジンうがい薬
吉村知事、言ってくれましたね。

もともと扁桃腺の弱い私、風邪気味の時など、早め早めの対策として使ってはいたのですが、こうもメジャーな存在になってしまうと、都会のように買い占めで品薄になって困ってしまいますね。

まさか値上げなんてことは…。

アルコール消毒液といい、かつてのバナナと言い、全く人間ってやつは…。

うちの娘が言ってましたよ。

「ヨードは体に入るとあんまりよくないんで、イソジンでのうがいは毎日でなく、少し間を空けて、後は水だけで」

これで良いそうですぞ。