FC2ブログ

お酒のお話

まだまだ続くウィスキーの夏

まずは明石で作っているという地ウィスキー「あかし」
あかし
清酒「神鷹」を」造ってる江井ヶ島酒造というメーカーですね。

これは「ホワイトオーク」というブレンデッドウィスキー。
もひとつお安い「レッド」というのもある。

ナニナニ、「スコッチタイプのブレンディッドウイスキーです。モルトの香り華やかに、淡麗でやや辛口な気軽に飲んでいただける明石の地ウイスキーです。ロックでお愉しみください。ハイボールでもどうぞ。」
とあるぞ。

さてお味。
うん、クセがなくて旨い。
軽く呑めるが、薄いというわけではない。
少しビタミンのような味がするのが気になる。何かリキュールでも混ぜてるのかな。

でもそれなりに香りもあるし、500ccで実売価格1,000円程度の気軽なウィスキーだな。

と言って「凛」のようにもの足りなくもない。いいんじゃない?

同じ地ウィスキーの「鳥取五三二」と比べてみる。
香り、味、余韻・・・。

値段で言うのじゃないが、300円ほどお高い「鳥取」に軍配。

酒飲み同士のウィスキー談義には使えますな。
スポンサーサイト



お酒のお話

ウィスキーの夏

松井酒造のウィスキー「鳥取」シリーズの「バーボンバレル」です。
「鳥取 バーボンバレル」
赤いラベルの「五三二」がいい感じだったので、次に買ってみました。

ナニナニ、「オーク材の小さな新樽を使用し、バニラや果実を連想させる甘く華やかな香りとスパイシーで爽快な味わいを大自然の伏流水がまろやかでスッキリとした味わいに仕上げました。」とか。

ロックで、氷が解ける前にほぼストレートで呑んでみる・・・旨ッ。
うむ、バーボンや!

少しづつ氷が解けるにしたがって滑らかになり、バーボンの華やかさが感じられる。よくできている。

だけどちょっと待てよ。ラベルにもサイトにもバーボンの樽を使用したとか、ましてモルトの原材料にコーンを使用したとかは何も書いてないぞ。
しかも「新樽を使用」と書いてある。

つまりはバーボンのような香りをつけたウィスキーとか、もしくは表示はないが、モルトの一部に提携蒸留所から仕入れたバーボン原酒を使用しているのかも・・・。

確かにバーボン風味が華やかに薫る、旨いウィスキーだ。
黒いラベルもどこか「ジャックダニエル」を想起させる仕掛けだ。

が、それなら同じような華やかさを持った「フォアローゼス」の黒ラベルでもいいのではないか。
お値段も500mlで1,663円。700mlなら2,328円になり、上記フォアローゼスの上級品とあまり変わらなくなる・・・。

あまりコスパだけで嗜好品を論ずるのはどうかとも思うが、やはり庶民にとってはお値段も大事、
旨いのは旨いとして、さてここから先は、ん~。

日常呑みには赤いラベルの「五三二」で十分かなあ。

日常

チコちゃんのまちがいさがしBook

コレおもしろいよ。
チコちゃんのまちがいさがしBook
奥さんが買ってきました。

中はこんなです。
チコちゃんのまちがいさがしBook2
ネタバレはいけないので、小さい画像で失礼。

暑い夏、集中力も途切れがちですが、これで集中力、注意力を高めていきましょう。

お酒のお話

サラバ「ブラックニッカ8年」

さらば「ブラックニッカ8年」
しばらく存在を忘れていた秘蔵の「ブラックニッカ8年」。

このウィスキーの記事を書いたのは、いったいいつだったろうか。

先ごろ松井ウィスキー「鳥取」を飲み、ウィスキーへの思いが再び蘇り、少し飲んでみた。

スモーキーさと共に広がるとろりとした甘み、やはりこれはいい。

残念ながら品薄で(まだ作ってんのんかいな?)ネットでッはプレミア付きで売られている。

もったいないとは思うものの、飲んでこその値打ち、そろそろ空けてしまうかな?

お酒のお話

佐々木酒造の「呑切り」

二つ前の記事の続きを。
友人からの贈り物のうち、最後の一種類、京都西陣の佐々木酒造、「呑切り」を呑んでみた。
呑切り2
ナニナニ、説明書きによると・・・
「冬に造って貯蔵したお酒を、初夏にタンクの呑み口を切って取り出した「呑切り酒」を原酒で瓶詰め。アルコール分19度と濃いため、ロックやソーダ割りなどがオススメです。」とか。

よくテレビ番組の取材でタンクの口を開け、試飲しているあのお味ということか。
実に光栄ですな。

まずは当然常温で。
うむ、こりゃ濃厚、まったりと酒の旨みが広がる。

飲むというより舐める感覚で頂くのがいい。
加水していない造ったまんまの旨みを堪能する。

一杯いただいた後は氷をひとかけ浮かべて、ゆっくり味の変化を見ながらいただく。

これもいい。

ソーダ割りなどはもったいなくてとてもできない。
日本酒の奥深さを堪能しよう。

友に感謝をしながらいただくと、ゆっくりと酒飲みの夜は更けてゆく・・・。

酒呑みオヤジ

Author:酒呑みオヤジ
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴に住んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護2のじじ、同5のばばの面々でやってます。