お酒のお話

和歌山の酒「紀土」

あまりなじみのないお酒、和歌山のお酒です。(失礼!)
紀土(キッド)

ホントに失礼いたしました。
実は先日、友人からここの蔵(平和酒造さん
の「夏のお酒」をいただき、大変感動したので、売ってたというお店を訪ね、購入してきたのです。

そのお酒は「夏の疾風」といって大変さわやか、夏に最適の酸味が実に気持ちのいいお酒でした。
最初頂いたときは「え!?和歌山の日本酒?」って感じでちょっとイメージがわきませんでした。

が、一口頂いた印象は「旨い!」「このさわやかな酸味は何だ!」
「和歌山だからみかんの酸味が乗り移ったのか!」って感じでした。

元来日本酒の酸味は、私はあまり好きではありません。

いや、安酒ばかり飲んでるから、無理に発酵させるのに使った乳酸菌の味だったのかな。

でもこれは実にさわやかでおいしいお酒でした。

それで、紹介されたお店で買ってきたというわけです。

もう夏も終わりに近づき、「夏の疾風」はありませんでしたが、画像のお酒を買ってきました。

販売店のご主人も実にお酒のことがよく分かってらっしゃるようで、信頼感が湧きました。
「山下酒店」さんです。

ここの蔵のお酒はややお求めやすい価格だという安心の一言もいただきました。

是非一度行ってみてください。こだわりの日本酒がいっぱいですよ。

ちなみに一緒に行った私の奥さんは、同じ平和酒造さんの「発泡酒」を買いました。
平和酒造の発泡酒
「開けたら全部飲んでしまわなあかんしなあ」
と言ってたら、お店のご主人に「ハーフサイズもあります」と勧められ、決定!

さて日ごろはパック酒しか飲めない貧乏酒のみですが、たまには舌を磨くといたしましょう。
スポンサーサイト

嶋満神社

我が家が社務所?

夏の例祭の準備です。

今年は拝殿前でおみくじ入りのお餅「嶋満福餅」を授与することになりました。(町内発行の引換券が必要ですが)

何とかして参拝者が増えるようにと、毎年考えていますが、今年は新しい企画です。

その準備に大忙し、我が家が社務所になった感があります。
福餅授与1
小餅を二つ、おみくじと、神社由来を書いた紙と一緒に包んでいきます。
福餅授与2
おみくじには神社の押印。
福餅授与3
こんな感じで仕上がっています。
福餅授与4
まだまだこんなにあります。

ブログなんか書いている暇はないですな。

小餅の個包装には「脱酸素」の特殊フィルムが使われているとかで、大袋を開けても安心です。

では8月20日(日)浮島の夏祭り、嶋満神社拝殿前でお会いしましょう。

日常

ローソン 夏のスヌーピーフェア

昨年のガラス小皿に続き、ローソンでパンを買って、シールを集めてます。

今年はスヌーピーのペア小皿です。(画像はローソンのサイトより拝借)
スヌーピーフェア

実はもう一組もらっちゃってます。
スヌーピーフェア02

まだフェア期間終了まで期間があるけど、毎日高いパンばかりというのも・・・と思ってこれで終了のつもりでした。

ところが・・・私の周りにはいい人ばかりで、昨年スヌーピーのガラス皿をくださった方の他にも、シールをくださる方がおられ、どんどん背中を押されてまた集め始めました。
スヌーピーフェア03

娘が小さいころ、子供服「ファミリア」ブランドのスヌーピー柄を着せて楽しんでた名残なんでしょうか、なんかスヌーピーには親しみを感じます。

あと1か月、パンを食べて夏バテを防止、とまいりましょう。

日常

銭湯はいいですなあ 2

前回の「若の湯」さんに続き、今回は「日の出湯」さんです。
「吉原」という古くからの「漁師町」にあります。
「日の出湯」さん1
夕方には少し早い時間。
ゆったりとした時が流れています。

裏手の運河
「日之出湯」さん2

さて少し早かったかな、と思っていたら、おじさんがのれんを出しておられたところでした。
快く撮影を許してくれました。
「日の出湯」さん3

いざ、中へ。
「日之出湯」さん4
清潔な内部。
「日の出湯」さん5
こちらの体重計はデジタルです。
タイルの細工もきれい。

「日の出湯」さん6
こちらは真ん中に湯舟。

きれいに清掃も行き届いて気持ちよかったです。

お湯の熱さは、前回の「若の湯」さんがややぬるめ、今回の「日の出湯」さんがやや熱めの感じでした。

いずれにしてもただ古い、懐かしいというだけでなく、どちらも清潔な場内を心がけられ、立派に地域の皆さんのお役に立っておられる感じが見事でした。

また時間を作ってどちらにも訪れたいと思います。


日常

銭湯はいいですなあ。

現在舞鶴市には2軒しか銭湯は営業しておられません。

いずれも西舞鶴の「若の湯」さん、
日の出湯」さんです。

最近お仕事で西舞鶴の方とお話することが多く、その中でノスタルジックな銭湯のお話も出たりします。

「こないだ行ってきた」などというお話を聞くと、元来温泉好きなワタクシ、温泉とは違うけど「大きなお風呂」に入り、レトロな気分に浸りたいと、二軒とも、つい最近行ってまいりました。

「行ってまいりました」とは言ってもこちら東舞鶴、西舞鶴までは10キロの道のり、車で行かねばならず、温泉やスーパー銭湯へ行く感覚と同じですな。

さて「若の湯」さん。
若の湯さん1
しゃれた洋館建てです。

「記念に内部の写真を」と許可を求めると、番台にいたのはパートさんのようで、電話でおかみさんを呼び出される「騒ぎ」に。
もちろん「人は写さない」ということで許可をいただきましたが。
若の湯さん2
タイル画は「天橋立に富士」、女湯は「赤富士」だそうです。

さてこの建物、ちょっと気を付けてみると横長の敷地に建っています。
そして当然内部の構造は他の銭湯とちょっと違って、男湯、女湯の位置が番台から見て奥ではなく横になっています。

土地や建物の構造上、そうせざるを得なかったんでしょうが、浴室が左右に離れているので、素人目には配管など複雑になるし、お掃除も大変だろうなと思ってしまいました。

さて内部。
懐かしい秤
若の湯さん3
脱衣箱の上には常連さんの洗面器
若の湯さん4
「眞名井の清水」を沸かしているというお湯はさわやかで、ほっこりとしたいい気分になれました。

そしてまだまだ近所の人たちの憩いの場、触れ合いの場として、いい役割を果たしてるんだなと思いました。

みんなでこの文化は守らねばなりませんね。

銭湯のオハナシ、「日の出湯」さんの回へ続く。


きものや

Author:きものや
旧海軍時代の面影残る港町、田辺藩時代の街並み残る城下町、美しい海と山に囲まれた街、舞鶴で“きものや”を営んでいます。
歴史小説の好きなオヤジ(分身のような娘は嫁に行き)、正体不明な社会人の息子(中国、深圳あたりで暗躍中)、家中の全権を掌握する自称「上品な」奥さん、要介護1のじじ、同5のばばの面々でやってます。